MeILL

瀧と三葉の幸せを祈るブログ

【ライブレポート】the telephones Presents “Last Party ~We are DISCO!!!~

http://thetelephones.net/wp/wp-content/uploads/2013/02/LOGO-OK-CS33.png

11/3(火) the telephonesの活動休止ラストライブがさいたまスーパーアリーナで開催された。

元々、行く気はなかったんだけど、時雨とsyrup16gがラストで発表された瞬間に気づいたらチケットを取っていた。

 

同じ日に多摩美術大学の学祭に向井秀徳アコースティックアンドエレクトリックが来ていたので、そちらに行く予定だったのだが(生の向井は初めて)苦渋の決断だった。

 

 

出演 the telephones / サカナクション / 凛として時雨 / 9mm Parabellum Bullet / THE BAWDIES / dustbox / syrup16g

なんなんですかね、この面子(困惑)

CDJとかRIJFでも、一日で集めるの難しいですよこんなの。

しかも一バンド持ち時間40分ぐらい。お得すぎますよね。

 

10:45分ぐらいについたんですけど、既に時雨ファンでアリーナは満杯な様子でした。

テレフォンズのサッカーユニフォーム姿の人が多く見受けられましたね。

 

凛として時雨

  1. SOSOS
  2. DISCO FLIGHT
  3. Enigmatic Feeling
  4. Who What Who What
  5. I was music
  6. Telecastic Fake Show
  7. 感覚UFO
  8. 傍観

S.O.S.ツアーの流れを汲みつつ、Perfumeフェスで披露した傍観を最後に持ってきた。

活動休止だけど盛り上がろうぜ!ってコンセプトのライブで傍観を持ってきて

「僕は死にたぁああああああい!!!」と叫びまくる北嶋マジSadistic。

東京ドームシティホールより音響がすごくよく聴こえました。

TDCは中域がぽっかり穴が空いているみたいな感じだったんですけど、

スーパーアリーナはいい感じで、満足でした。

何度もいうけど、ライブにおける時雨、特にTKのギターなんですけど、

ディレイとフェイザーの使い方、かけ方が本当に上手い。

僕も同じセッティングとか試したりしているんですが、なかなかああ云う切り替えや使い方が出来ないんですよね。TK恐るべしです。

 

お昼

dustboxをちょっと見てから、お昼とタバコ休憩。ボウディーズは気づいたら過ぎていて残念でした。失敗した・・・。

 

syrup16g

個人的には本日の目玉。

事前のサウンドチェックで黒いストラトキャスターを使っているとフォロワーさんの間で騒ぎになっており、五十嵐新しいの買ったんだ~と思った。またヴァンザントなのかな。

 

  1. 生きてるよりマシさ
  2. sonic disorder
  3. 生活
  4. 神のカルマ
  5. パープルムカデ
  6. リアル
  7. Reborn

開演前に薄い幕が貼られる。あれ、、、これって「生還」のアレじゃあ・・・と思った自分。

生きているよりマシさでは、「患者」のような照明を使った演出がなされ、あぁこのための幕なんだぁと思っていた。

 

が、しかし。

 

マキリンによるsonic disorderのベースイントロが始まった瞬間、三人のシルエットが登場する「生還」リバイバル演出。

思わず「うおおおおおおおおおお」と叫んでしまった。大人げない。

そして新しいギターのメロディアレンジ。五十嵐最近こういうの多く取り入れてくれますよね。落堕のイントロも毎ツアーで変えてきてるし。

 

生活のギターソロは患者東京2daysと変わらず完璧。もう不安になることもないですね。

 

神のカルマはテンション高め。その前からテンションは高かったんだけど、「最新ビデオの棚の前で」の部分で思いっきりシャウトしたのが特に印象的でした。

 

リアル、イントロで止まる。アリーナにいた人の情報だとカポ間違いらしい。

客席から「がんばれ~!!!」の声。い つ も の。

しかし五十嵐、片手を上げて応える。なんだよ。カッコいいじゃん。

演奏もいつもより気合が入ってました。最後の、妄想リアルの部分はもう全力出しきってましたね・・・終わった後、五十嵐ヒィヒィ言ってました。

 

MC「テレフォンズのメンバーとは同じスタジオだったこともあったんですけど・・・、何しろ世代が違いすぎてね・・・。」確かに。「でもまたこうやって呼んでもらえてテレフォンズに感謝しています」「また、今度はちゃんと対バンとかしてもらえるように、復活、みなさんと待ってたいと思います」

「最後にこの曲で終わります。ありがとうございました。」

 

Reborn

客席で崩れ落ちる俺。

やっぱり生のRebornはダメですね。聴くと泣いちゃう。

終演。周りを見ると、寝ている人が多かったかなぁ。

ガチファンはアリーナに降りてった感じ。

9mmとかサカナが後に控えてたのもあって、お昼行ってた人もいたみたいです。

個人的には患者2daysよりベストアクトに感じたので大々満足でした。

これからもちょくちょくでいいからライブやってほしい!本当に。

一度は解散、テレフォンズと同じ立場を迎えたsyrup16g

五十嵐なりのテレフォンズに対するエールがRebornだったのかもしれない。

 

9mm parabellum bullet

久しぶりに9mmをみましたね・・・。何年ぶりかなぁ。

アルバムでいえばmovementぐらいで止まっちゃってるんで、

ちょっとついていけるか心配でした。

 

  1. 反逆のマーチ
  2. answer and answer
  3. The Revolutionary
  4. Monkey Disco(cover)
  5. ブラックマーケットブルース
  6. Cold edge
  7. 新しい光
  8. Discommunication

だいたいわかってよかった。

カバーでノブさん乱入はアツい演出でしたね。

何よりなんていうか、菅原卓郎のMCがね・・・。

カッコいいこと言ってたんですけど、凄い印象的だったのが

「僕らはライブの後は何も残らない、焼け野原にしてやろうってつもりでやってるんですけど・・・そうすると、この後のサカナクションは焼き魚になっちゃうんですよね・・・」

「テレフォンズは焼き電話・・・焼きディスコ」

俺「何言ってんだこいつ・・・。(褒め)」

多分会場中が「???」ってなってたと思います。面白すぎるぞ天然素材菅原卓郎。

 

ギタリストなんで、滝さんの演奏は本当にアレですね。見ててありえないというか、非現実的すぎて目を背けたくなりますね。

あと何あの音「ドシャアアアアアアアアアアアアア!」みたいなファズとメタルディストーションみたいな音。超出したい・・・。

 

サカナクション

正直ぶっちゃけると、サカナクションに対して自分がいいイメージを持てていなかったというか。

アルクアラウンドやアイデンティティーぐらいしかわかってなかったんですけど、

「どこが良いんだろう」っていうのがずっとわかってなくて。

正直タバコ吸いに行くか悩んだぐらいだったんですけど

結果めちゃくちゃ良かったです。

マジでビリビリきました。ライブバンドです。半端ねぇですわ。

  1. ミュージック
  2. アルクアラウンド
  3. 夜の踊り子
  4. アイデンティティ
  5. ルーキー
  6. Aoi
  7. 新宝島

会場の熱気と盛り上がりも9mm以上にすごかったかな・・・。

ヘタしたらテレフォンズ食っちゃうんじゃないかっていうぐらい

体感的にはものすごい盛り上がりだったと思います。

自分は疲れちゃったんで三階席で見てたんですけど、

ノリノリの人たくさんいました。

 

早速CD借りてきて今聴いてるんですけど、良さしかないですね・・・。

もっと音源手に入れて聴きこんだら記事かきます。

 

the telephones

本日の主役。

  1. HABANERO
  2. sick rocks
  3. D.E.N.W.A
  4. Baby,Baby,Baby
  5. SAITAMA DANCE MIRRORBALLORS
  6. electric girl
  7. A.B.C.DISCO
  8. Homunculus
  9. I Hate DISCOOOOO
  10. oh my DISCO!!!
  11. Keep Your DISCO!!!
  12. Monkey Discooooooo
  13. Love & DISCO
  14. urban disco
  15. Something Good

正直かなり予習不足だったんですけど、楽しかったです。

周りのテレフォンズファンの様子を見ながら、ディスコー!ディスコー!って叫んでました。

 

石毛輝のMCで特に印象的だったのが

「ミーハーなファンが増えたら、ミーハーなバンドが増える。カッコいい奴らが増えたら、カッコいいバンドが増える。みなさんどっちがいいですか!」

あぁ、確かに。って思うし、実際テレフォンズがそういう事に陥ってたんだろうなって感じると、とてもやるせないなぁと思った。

ミーハーなファンはいくらでもつけようがあるけど、そこからどれだけ離れずに残ってくれるか。コアでいて、支えてくれるかっていうのは、未知数、不確定要素な訳です。

難しいですよね・・・。

なにはともあれ。最後はミラーボールがタワー上になるわ、バルーンボールは出てくるわ、飛行船が飛ぶわ、お祭り騒ぎでした。ノブさんが会場一周するし。もうはちゃめちゃ。

初めてのテレフォンズが活動休止ライブだったんだけど、石毛輝すごいですね。あの声。

TKが「最初のバンドが高い声で始まり、最後のバンドが高い声で終わる」とMCで言ってたんですけど、ビビりました。

これからもみんなは音楽活動を続けていくと宣言していたので、楽しみです。

 

まとめ

期待を裏切らないサイコーなイベントでした。

さいたまスーパーアリーナという施設にも初めて足を運んだのですが、

トイレの数も多かったり、出店の数も多かったり、喫煙所も何箇所もあったり

座席もたくさんあったりで、武道館より好きになっちゃいそうでした。

距離さえ短ければ・・・(一時間半ぐらいかかった・・・)

 

音響もすごくよかったですし、各バンドのアクトも凄い良かったです。

イベントとしては大成功だったのではないでしょうか。

もうなかなかこういう面子が集まれることもないでしょうし、

是非映像化して欲しい!と思います。

 

いやぁ、、、よかった。

Copyright 2015 MEiLL