MeILL

瀧と三葉の幸せを祈るブログ

これからエレキギターを始めようとするあなたへ エレキギター購入講座

はじめに

筆者はエレキを手にしてから、6年ぐらいが経ちました。

サークルのライブが中心で活動してきましたが、様々なギターを触る機会があり、

また後輩がギターを買う時どうしたらいいのかという相談を受けたりすることもあります。

そのノウハウを、これからギターを始める方に伝えていければいいなと。思います。

アコギについては知識がほとんどないので、話を参考に店員さんとご相談いただければと思います。ご容赦ください。

 

参考記事

meill.hatenablog.com

 

meill.hatenablog.com

 

Step1.どこで買うか

まずこれが、一番最初のポイントでしょうか。

楽器屋さん

無難だと思います。店員さんはプロなので予算に合わせて話ができますし、弾ける・弾けないに関係なく、現物に触らせてくれるという重要なステップが踏めます。

あとは、顔見知り・仲の良い店員さんを作っておくと、ギターがトラブった時やこうしたいんだけど・・・って言う時に、相談がしやすいです。

 

気をつけないといけないのは、向こうも商売なので売りたいものを買ってもらいたい訳で、自社ブランドのギターとかを薦められる場合もあります。その場合は、他のメーカーも試したい旨を伝えておくと良いでしょう。

 

大手の楽器店だと、店長クラスの人はある一定期間で他店舗にいってしまったり、

店員でもバイトの人だと辞めてしまうといなくなってしまいますが、

そこはまた新しい人たちと仲を深めていきましょう。

信販

いわゆる、「サウンドハウス」「chuya-online」「楽天市場のイケベ・イシバシ」などなど、通信販売で買うという手もあります。というか近くに楽器屋さんがない場合はしょうがないですよね。

利点としては、楽器屋より物が安く手に入ったり、ポイントが付いたりすることでしょうか。

不利な点は、メンテナンスをしてもらいにくい(送らなきゃいけないし)、現物に触っていないのでギャンブルに近い。エフェクターならまだしも、ギターは触らないと感覚がわかりづらいですからね。(ネックの握りやすさとか、身体のフィット感とか)

リサイクルショップ(ハードオフ

いわゆる、「ハードオフ」をはじめとするリサイクル店です。

楽器店と通信販売の間を取った感じですかね。値段設定は結構ガバガバだったりします。あと、店員さんがあんまり楽器に詳しくない人もいたりするので、どれがオススメですか?とかは聞きづらい。

ハードオフは中古品に保証がつきます。といっても楽器屋の保証に比べたらおまけみたいなものなので、完全自己責任。基本メンテナンスもやってくれないです。

とりあえず続けるかわかんないけど、やってみようと思う人はいいかもしれません。

ハードオフも申し出れば、試奏ができるので、手に持つだけもやったほうがいいです。

個人売買

楽器をやっている大学の先輩などなど、ギターを余らせていたり、次のギターを買いたいっていう人はたくさんいると思います。実はギター、楽器全般の買い取り金額ってあんまり期待できないんですよ。

だからこそ、個人同士で売買するのがwin-winなワケですね。

例えば市場価格78,000のギターが、状態がいいのに買い取りで23,000ぐらいだったとする。

でも後輩がギター欲しいっていってるから、4万ぐらいで相談してみるかぁ。

ってわけですよ。この辺の時に、保証書とか付属品、ケースもセットで渡しちゃった方がいいと思います。(個人譲渡の場合切れちゃうかもしれないですけど・・・。)

※金銭のやり取りは自己責任でお願いします!

 

オススメ:楽器屋にいけるなら、楽器屋で買いましょう。

ギター購入後のメンテナンス、アフターケアを考えたら楽器屋で買うのが一番です。

楽器屋さんと仲良くなることで、疑問に思ってることも解決したり相談にも乗ってくれますし、本当におすすめです。

 

Step.2どのタイプギターを買えばいいのか

さぁ難題がやってまいりました。

ここで多くの人が悩むとおもいますが、こちら側から幾つか提案をしてみたいと思います。

Type1:好きなバンドマンが使ってるのと同じタイプ

一番好きなバンドマンがいいでしょう。その人が使っているのに、似ているタイプの安いギターを買いましょう(できれば色とかピックガードも同じような奴)

これはなぜかといえば、モチベーションアップ及び維持のためです。

 

ギターを初めて、続けるにおいて、一番の敵になるのがモチベーションダウンです。

Fが抑えられない!弦を抑える指が痛い!そもそも音がでねぇ!ピックが引っかかる!

いろんなことでギターがやめたくなるでしょう。でもどうでしょう。好きなバンドマンが使っているのと、同じギターを使っていると思えば、少しはモチベーションが維持出来るのではないでしょうか。

 

一番良いのは、好きなバンドの簡単な曲をネットで探して、ネットのコード表見ながら練習して、CDと同じ音を出すことが一番感動すると思います。

Gコード一つでもいいんです。「あ!あの曲の歌い出しの音だ!」それだけでも感動できるはずです。

教則本はぶっちゃけいらないです。だって好きな曲乗ってないし。練習法だってネットに乗ってるし。なんなら俺に相談してください。(速弾きとスウィープは受け付けておりません。)

 

予算に余裕がある、羨ましいお金持ちのあなたは是非、バンドマンのシグネチャーモデル(本人と同じスペック)のギターを買うことをおすすめします。バンドマン仲間にも自慢出来ますよ。

 

Type2:好きなシェイプで決める

好きなバンドマンは関係なく、好きなシェイプで決めたいというあなた。

ギターにはおおまかに、

に別れると思います。

見た目で選ぶのも、モチベーション維持に大切だと思いますし、

最悪弾かなくなった場合でも、インテリアとしてギターは十分オシャレだと思います。

 

Type3:出したい音で決める

ジャキーン!って音、シャラーンって音、ホワーンって音。

いろいろあると思います。

これは店員さんに相談するのがいいのですが、そう出来ない場合もあると思うので、

あくまでも参考程度に記載すると

  • フェンダータイプは基本的に鋭い音・シャキッとした音がします。(オールラウンダー)
  • ギブソンタイプは基本的に暖かい音・甘い音がします。(オールラウンダー)
  • Ibanez・PRS・SCHECTER系はフェンダーをベースとしつつ、もっと力強い音が出ます。(メタル・V系・アニソン向き)
  • リッケンやセミアコは空洞ボディ独特の甘い音がします。(ロック・ジャズ向き)

って感じですかね。

好きなバンドマンが出してる音を出したい!っていうならやっぱり楽器屋で相談するのがいいでしょう。必然的にエフェクターも必要になってくるかもしれません。

 

以上、3つのタイプで解説しました。僕は向井秀徳凛として時雨のTKに憧れ、向井秀徳が使っていた、フェンダージャパンのTL-62BTXのキャンディアップルレッドを大学入学前にバイトして買いました。

手に入れた時のテンションはもう半端無かったし、今まで以上に練習するようになりました。

バンドを組むようになって、更に技術が必要になるようになっても、めげずに続けられたのは、やっぱり同じタイプのギターを好きなバンドマンが使っているからなんだと、今はそう思います。

 

Step.3予算をどうするか。

みなさんお金ありますか?僕はありません。

エレキギターにかかるお金、最低でも諭吉一枚は用意しておくと良いでしょう。

ここで大事なことをひとつ言っておきます。

初心者セットだけは絶対に買うな!

あれは楽器屋のただの在庫処分です。まともなものが付属していません。

メンテナンス小物なんて後から買えばいいし、ピックだって合うやつを吟味して買ったほうがいいです。

特に練習用アンプとシールド。ゴミみたいな音しか出ないです。

第一、集合住宅の一人暮らしや実家ぐらしの人で、アンプから音出せます?

なかなか出せないですよね?ぶっちゃけ家でアンプ使うならヘッドホンアンプがいいんですよ。後述します。

とにかく買うなら、本体に全ツッパです。メンテを買うならピックとクロス(布ふきん)と弦だけ買って帰りましょう。

 

予算10,000~25,000

必然的に各メーカーのエントリーブランドになってくると思います。

この値段の場合は優劣がつけづらいのですが、楽器屋で触って見た目で決めちゃうといいと思います。

個人的にメーカー・ブランドで言えば、バッカスとかフジゲンあたりがあればいいかな。基本的に生産は中国とか韓国とかフィリピンになります。使われてるパーツも安物なのは当たり前ですね。でも最近は企業努力が凄いので、安ギターでもいい音が出てくるようになってます。

辞めるかもしれないし・・・と思っているあなたにはおすすめです。

 

予算30,000~60,000

各メーカーのエントリーモデルの上位機種が買える値段です。

フェンダースクワイヤー・ギブソンのエピフォンなど。

ここらも、出来はなかなか良いです。

パーツもそこそこの物使ってたり、電装系も安心な感じです。

生涯使っていける一本といっても過言ではないです。

サークル入ってバンドやっていきたい!って人にはおすすめの価格帯です。

中古市場を見れば、フェンダージャパンも売ってたりするので、状態次第では買いです。

 

予算70,000~120,000

各メーカーの通常モデルが余裕で買えます。

運が良ければフェンダーUSAとかギブソンUSAが買えます。

このあたりになってくると、生涯使えるギターレベルになってきます。

ローン組んだりする感じになってきますね。

良し悪しは個体差でありますが、大体は良いギターです。

本人の使用用途に合わせて買う感じですね。

 

予算130,000~200,000

良いメーカーの良いギターが買えます。

やりたいほうだいです。

僕ならmomoseとかサイケデリズムを買います。

ぶっちゃけ最初の一本にはハードルが高い値段ですね。

でもコレを買って背水の陣だ!!!って人も世の中にはいるかも・・・。

 

オススメ:初心者でも初心者セットは買わずに、本体にお金を使おう!
アンプやメンテナンス用品は、必要な物を後で個別に買っていこう!
でも、使用後の弦を拭くクロス、ピック、予備の弦は予め買おう!

予算に余裕があればシールドも1,2本買っておこう!

 

アンプについて

練習用アンプは、RolandのCubeシリーズやVoxのPathfinder15が有名だと思います。

そのレベルで十分です。それ以上音量出したら苦情待ったなしです。

また、VOXからはギター直刺しでアンプの音がイヤホンで確認できる「Amplug」シリーズや、iRigのようなiPhoneにギターを刺して、アプリと連動してアンプの音を確認できる物もあるので、店員さんに相談だ!

 

シールドについて

これも後買いがよくて、メートル数は3mか5mがおすすめです。

マーシャルアンプ直とか、動きまわりたいなら5m

そうじゃなければ3mがおすすめです。

おすすめのメーカーは、コストパフォーマンス面でカナレ(CANARE)です。

3000円で5mが買える・・・はず。

ちなみに僕はTKが使ってるのでオヤイデ派です。高い・・・。

 

弦について

アーニーボールかダダリオが有名です。

値段も1000円しないぐらいか。その代わり割とすぐ錆つきます。

劣化が早いので、消耗品ですね。弦交換しまくりです。

そんな僕はめんどくさいので、ちょっと値段は高いけど

エリクサーというコーティング弦を使っています。

ヘタすれば半年~1年は錆びません

弦交換嫌いだしね・・・。音もギラギラしてて良いですよ。

www.youtube.com

弦交換のやり方はしっかり習っておきましょう。最初は絶対に失敗します。

ストリングワインダーも買っておくと楽ですね~。

動画を見てシミュレーションしておきましょう。

 

おすすめの小物とか

  • クロス(ふきん):なんでもいいと思います。できれば洗剤で洗っても大丈夫なのがいいかな。油を拭き取ることもあるので。基本は弦とかボディを拭くために使います。
  • 指板潤滑剤:フィンガーイーズ一択。なるべくクロスに染み込ませて、弦に塗りつけるようにすると良いです。プロだとめんどくさくてネックに直噴してる人もいるけど。
  • オレンジオイル・レモンオイル:指板の汚れ取り、保湿につかいます。すぐに必要というわけではないけど、お金に余裕ができたら買っておくといいです。弦交換のたびにやっておくと、ギターが長持ちします。
  • 接点復活剤:エレキギターは電気機器でもあり、使っているとゴミやホコリにより「ガリガリッ」という音がしてきたりします。その時にリフレッシュさせるための接点復活剤があります。これも余裕が出たら買って下さい。
  • チューナー:これは絶対に買って下さいクリップ型、据え置き型、なんでもいいです。弦交換の時も使いますけど、正しいチューニングでギターを練習しないと、間違った音でコードを覚えてしまう危険性があるので、演奏するときはなるべく、チューニングで音を合わせましょう。
  • 工具(ニッパー・ドライバー・六角レンチ):弦交換、弦高調整などなどに使えます。
  • カポタスト:ギターのネックに挟むもの。これでキー(音程)を変える。
    syrup16gをコピーするなら必須。弾き語り系の人も必須。

おまけ:デジマートを有効に使おう!

文が中心の記事になってしまったので、視覚的に優しくない記事になってしまいました。

リットーミュージックが運営している、デジマートというサイトを紹介します。

僕は大学時代、ほぼ毎日見ていました。

 

www.digimart.net

 

どういうサイトかというと、各楽器店さんがうちにはこういうギターがありますよ!と在庫を写真付きでアップしてくれてるんです。

なので、ウィンドウショッピング感覚でギターを探すことができるんですね。

 

f:id:hakoniwa_rock_show:20151109160634j:plain

 

ストラトテレキャスレスポールで探せたり、詳細設定では色とか年代とか細かくサーチできます。一番良いのは、価格帯で制限して検索できるところですかね。

5万~10万みたいな。

ここで下見して、お店に行くのも全然ありだと思いますよ。

 

まとめ

てな感じで、エレキギター購入講座をちらほら書いてまいりました。

個人的に大事なのは、やはり三日坊主にならないためのモチベーション。

そのためのギターチョイス。好きなバンドの曲の何が簡単なのか調べておくこと。

継続は力なりが、ギターそのものです。

みなさんのギターライフを少しでも応援、これから始める人をサポートできれば

いいなと思います。

 

質問などあったら、僕のTwitterにリプライとかください。答えられる範囲でサポートできればと思います。あとは楽器屋さんはプロなので、そちらに聴いていただくのも良いと思います。

 

僕はテレキャスターが大好きだからテレキャスター女子とかジャズマスター女子が増えるといいなぁ!!!(本音)

Copyright 2015 MEiLL