MeILL

瀧と三葉の幸せを祈るブログ

ひねくれものが描くオルタナロックとは the pillows

https://upload.wikimedia.org/wikipedia/en/c/c7/Rock_band_the_pillows.jpg

 

どうも、僕です。

昨日の今日で、いろいろ騒動があったり、叩かれたりしてますけど。

元気。ではありません。が、気合入れて書きます。

 

the pillowsとは

the pillows(以降pillows)は、以下の4つのブロックに分かれている。

  • 第一期(1989年9月16日結成~1993年上田ケンジ脱退)
  • 第二期(1994年~1996年「tiny boat」リリースまで)
  • 第三期(1996年~2012年)
  • 第四期(現在)

オリジナルメンバー

サポートメンバー

  • Ba.鹿島達也(1994年~1999年)
  • Ba.鈴木淳(1999年~2015年)

この記事では、主に第三期について紹介していきたいと思う。

 

www.youtube.com

レコード会社や事務所の意見を万全に取り入れ、テレビ番組のタイアップもゲットし、スピッツウルフルズミスターチルドレンなど同時期に売れていたバンドになんとか追いつこうとしていた、山中さわおは、渾身の想いで「tiny boat」を制作しリリースする。しかし、データは思わしくない結果に終わってしまう。

今聴いてみてもなんで売れなかったのかよくわかんない。何故だ。いい曲なのに。

 

「じゃあどうすりゃいいんだよ!」と頭を抱え、この際自分のやりたいようにやろう。売上もメジャーも関係ない、自分のやりたい音楽をやろうと決意し、メンバーにインディーズに戻るかもしれないという覚悟を伝え、承諾された一曲「ストレンジカメレオン」をリリースする。

www.youtube.com

 

当然事務所やレコード会社は反対し、ファンにも賛否両論があったと言われているが、結果は思いの外良かった。そこから、今のthe pillowsが始まったも言えるだろう。

「ストレンジカメレオン」を収録した5thアルバム「Please Mr.Lostman

この作品をさわおは、「音楽業界への遺書」と題しており、自分たちのやりたい音楽をやりぬき通すという硬い意思を持った活動をしていくというメッセージでもあった。

 

www.youtube.com

 

続く6thアルバム「LITTLE BUSTERS」では、今でもライブの定番曲となっている楽曲を多く排出し、よりリスナーに感謝をする意識からか、さわおがファンを「バスターズ」と呼ぶようになった。

www.youtube.com

オルタナティブロックというジャンルを日本で唯一確立させていたのは

the pillowsではないだろうか。ハイブリッドレインボウは彼らの代表曲といっても過言ではない。後述するが、BUMP OF CHICKENのカバーでpillowsを知ったという人も多いのではないだろうか。筆者もその一人である。いいよね・・・この歌詞。

 

99年1月には、パンク的要素を取り入れた7thアルバム「RUNNERS HIGH」、12月にはよりオルタナロックを目指した「HAPPY BIVOUAC」をリリースする。

www.youtube.com

RUNNERS HIGHの特徴は、歪みに歪みまくったギターだと思う。

ファズサウンドで音圧どか~ん!って感じ。

ロストマンの頃と比べると、音作りに決定的な差があり、

なんとなく「吹っ切れてる感」「もっと知ってくれよ俺らのこと!」みたいな

ハングリー精神を感じる。

 

www.youtube.com

pillowsは知らなくても、この曲は知ってる!って人、多いんじゃないでしょうか。

ELLEGARDENのカバー、また週刊少年ジャンプに掲載されていた「SKET DANCE」の劇中歌として使用された曲。

サビの歌詞がとても有名だと思います。

君の夢が叶うのは 誰かのおかげじゃないぜ 風の強い日を選んで 走ってきた

 この歌詞にとても勇気づけられたという若いファンがとても多く、今でも高い人気を誇る曲になっている。

 

2001年には初のベスト盤となる「Fool on the Planet」をリリースする。

www.youtube.com

pillows入門にピッタリのアルバムだと思うので、是非手にとっていただきたい一枚。

このアルバムのために書き下ろしされた表題曲。

誰もが忘れても 僕は忘れたりしないぜ 世界が笑っても 自分を疑わない

 山中さわおらしい、自信のある歌詞。ぶれない意思。これこそ、the pillowsの魅力ではないだろうか。

 

2001年末、久しぶりのオリジナルアルバム「Smile」をリリース。

これが衝撃作として、話題となった。

Free You have freedom 君が探してるものはそこにある

 から始まるこの曲。途中から驚きの展開を見せる。

クタバレニンゲンドモ!宇宙の声が降り注ぐ!

 山中さわおの聴いたこともないような悲痛な叫び声。一体何があったんだろう。

背景には当時、pillowsの公式掲示板がベスト盤発売に対して反発をしていた2chの住民に荒らされたからという理由が、有力だと言われている。

*1

だが注目して欲しいのは、4:25ぐらいからの展開だ。

まるで曇っていた空から、青く澄み切った空に抜けだしたような開放感。

シンガーソングライター山中さわおが表現したかったことがやっとわかったような

そんな驚きと感動を与えてくれる一曲。pillowsの表題曲にハズレなし。

 

2002年にはB-side集と10thアルバム「Thank you,My twilight」をリリースする。

www.youtube.com

自他共に認める、世界一低予算、世界一ダサい、でも曲はカッコいい伝説のPVが出来上がってしまった。

当時のファンはどう思ったんだろうか。pillowsらしいと笑っていたのだろうか。

ともかく曲はめちゃくちゃカッコいいんで、ライブではめっちゃ盛り上がります。

表題曲の「Thank you,My twilight」も名曲なので是非。

www.youtube.com

 

11thアルバム「PENALTY LIFE」において、山中さわおは若干のスランプに陥っていた。しかし、昇らない太陽という曲を書き上げたことで、まだ自分はできる!と自信を取り戻し、このアルバムを仕上げたという。

www.youtube.com

ライブの定番、アップチューンなI know youはPENALTY LIFEに収録されている。

このPeeちゃんのギターはやはり目を見張るものがあり、あのマーティ・フリードマンにも評価された。

 

15週年

さぁ、長いこと紹介してまいりましたが、ようやくハーフポイントといったところでしょうか。

the pillowsは2004年9月16日を持って15週年を迎えた。

ソレに伴い、様々な企画が模様された。12枚目のオリジナルアルバム「GOOD DREAMS」Mr.ChildrenBUMP OF CHICKENELLEGARDENストレイテナーゴーイングアンダーグラウンドYO-KINGなど著名アーティストが参加したトリビュートアルバム「シンクロナイズドロッカーズ」、15週年を記念した渋谷AXでのライブを収録した「916-special live DVD-」

この年のpillowsはお祭り騒ぎといった感じで、ここで知名度をグッと上げたように思えますね。

www.youtube.com

www.youtube.com

これでちょっとファン同士で揉め事になったり、いろいろあったみたいですけどね。

原曲とカバーどっちがいい!みたいな。どっちもいいじゃない。

僕はこのアルバムでpillowsを知りました。

 

13thアルバム「MY FOOT」をリリース

www.youtube.com

オルタナここに極めり!って感じのアルバムでした。全体的にバランスの取れた

pillows入門向けのアルバムです。

 

電撃移籍

2007年、長く在籍していたキングレコードを離れ、まさかのavexに移籍。

ファンは結構心配した。それは心配した。けどいつものpillowsだったし、

以前より使える予算が増えた感じがして、本人たちも納得の移籍だった模様。

実際ライブDVDがツアーごとに出る感じだし、ファンにとっては嬉しいよね。

 

20週年

2009年9月16日でついに20週年に突入。

www.youtube.com

20年目にして、初の武道館公演が決定。僕も行きました。思いっきり泣きました。

リリースされた「雨上がりに見た幻」のジャケットはハイブリッドレインボウの

セルフオマージュになっており、歌詞もそれっぽさを伺わせる。

20週年を祝って、ベスト盤が二枚リリースされた。

「Rock stock&too smoking the pillows」と「Once upon a time in the pillows

Onceのほうがちょっとマニア向けかな?

 

そんなこんなで今は25年突破。

www.youtube.com

25年を超えてまだまだ進化し続けるおじさん達。

デビューした時は20才だった山中さわおも、もう40を過ぎてしまった。

ロックンロールの先輩として、多くの後輩の憧れの的となり、

ミュージシャンズミュージシャンとして、pillowsはこれからもあり続けるのではないだろうか。

ひねくれものだけど、ロックンロールの入門にpillowsはとってもおすすめできるバンドだ。

 

ここで終わらせまい。pillowsが支持されるもう一つの要因

pillowsの隠れファンというのはたくさんいる。それもアニメ・漫画界に多い。

先に挙げたSKET DANCEもそうだが、あの大ヒット作「けいおん!」には

山中さわ子真鍋和、鈴木純という言い逃れ不可能なキャラクターが出てきている。

 

そして海外でのものすごい人気だ。この要因となっているのは、ガイナックスが2000年~2001年に制作したOVAフリクリ」だ。

この作品、ED曲をpillowsの「Ride on shooting star」を採用しただけでなく、本編のありとあらゆる場面でほぼpillows第三期の音楽が使用されているのだ。

この作品は、その後米国などのケーブルチャンネルで放映され、爆発的な人気を得る。

それにより、pillowsも米国でとんでもない人気を誇り、さわお曰く「日本では話しかけられもしなかったのに、町中歩いてたら Are you pillows?って話しかけられんだよww」って嬉しそうに語っていた。

実際アメリカツアーのチケットはソールドアウト連発。なんだかんだで三、四回ぐらいツアーに行っているはずだ。

 

www.youtube.com

筆者が特に印象的に感じているシーンはこちら。

HAPPY BIVOUACに収録されている「Crazy Sunshine」を使用した場面。

衛生爆弾を打ち返す瞬間の演出、打ち返した後の演出

素晴らしい。古き好きガイナックスという感じだ。貞本義行デザインのキャラがまたいいんだ・・・。

フリクリは全部で6巻。BD-BOXもリリースされているので、是非視聴していただきたい。

 

まとめ

the pillowsは息の長いバンドで、本人たちもよく聴かれる「長くバンドを続ける秘訣は?」という質問。山中さわおは「いや、気がついたら時間が経ってた。」と答える。

「良い曲を作って、良いライブをして、また良い曲を作る」彼のモットーとしていることであるが、ミュージシャンとしてとても理にかなっていることだなと思うし、それを有言実行できている彼らを僕は、同じ音楽をやる人間の端くれとして尊敬する。

 

あと、pillowsの歌詞に古臭さを感じないのは、山中さわお曰く「流行りものの言葉は絶対に歌詞に入れないようにしている」というスタンスから成せる技なんだと思う。

だから1996年に作られた歌が、今でも新鮮味を感じて聞けるのではないだろうか。

音楽に対して真面目に、紳士的なスタイルを取って、ファンを愛しているthe pillowsはこの先、30週年を迎え、35週年を迎え、どんどん前に進んでいくだろう。

 

僕らバスターズも彼らと一緒に歩んでいきたいものである。

 

追記:入門するためのおすすめの一枚

ベスト盤Fool on the Planetを最初の一枚にとオススメしましたが、

個人的には15週年のスペシャルライブDVDが一枚目におすすめです。

1.Kelly's Duck
2.Please Mr. Lostman
3.LITTLE BUSTERS
4.アナザーモーニング
5.ONE LIFE
6.HAPPY BIVOUAC
7.インスタント ミュージック
8.TRIP DANCER
9.確かめに行こう
10.RUSH
11.巴里の女性マリー
12.I know you
13.この世の果てまで
15.WALKI'N ON THE SPILAL
16.THUNDER WHALES PICNIC
17.パトリシア
18.Funny Bunny
19.僕らのハレー彗星
20.バビロン 天使の詩
21.Swanky Street
22.ストレンジカメレオン
23.ハイブリッドレインボウ
24.Ride on shooting start
25.ターミナル・ヘヴンズ・ロック
26.RUNNERS HIGH
 
誰がどうみたってこのセットリストはヤバイ。ベスト盤以外の何者でもありません。
肝心のライブパフォーマンスも完璧です。是非見ていただきたい作品です。

*1:悪意に満ちた負け犬の 犬小屋チャンネル 000002という歌詞が含まれていることからその説が有力

Copyright 2015 MEiLL