読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

MeILL

瀧と三葉の幸せを祈るブログ

【ディスクレビュー】 赤い公園 純情ランドセル

多分これが一番早いと思います。どうも、僕です。

ついに発売されたので、早速レビュー行ってみましょう。

 

赤い公園 純情ランドセル

f:id:hakoniwa_rock_show:20160323000108j:plain

2nd「猛烈リトミック」から約1年4ヶ月ぶりのリリース。

KOIKIやCanvasなどのシングルを含めた全14曲。

 

會田茂一、亀田誠治、島田昌典、蔦谷好位置、PABLO a.k.a. WTF!?の5名がプロデューサーとして参加している。

公式のインタビュー記事を読むと、NYでマスタリングを行った模様。

どうりで今回のアルバム、納得の行く音質の良さがあります。全体を通して、聞いてて気持ちがいいです。

割りと暗い曲は少ないかなって感じがしました。基本的に明るい感じ。

 

各曲の詳しい解説は、津野米咲本人によるライナーノーツがあるので

そちらを是非合わせて読んでいただければ幸いです。

akaiko-en.com

 

  1. ボール
  2. 東京
  3. Canvas
  4. 西東京
  5. ショートホープ
  6. デイドリーム
  7. あなたのあのこ、いけないわたし
  8. 喧嘩
  9. 14
  10. ハンバーグ!
  11. ナルコレプシー
  12. KOIKI
  13. 黄色い花
  14. おやすみ

www.youtube.com

津野自身が赤い公園の王道と語る「ボール」から始まる今作。

赤い公園というバンドが積んできたキャリアがどういったものか。

確かにこの一曲はわかりやすいと思う。

 

決してストレートではなく、ちょっと捻くれたボール。

シュート回転してる感じ。それが赤い公園の良さだと思う。

 

「東京」からcanvasの流れはとても良い。

津野米咲らしいポップさを感じる二曲。

立川という西東京の都会(俺目線)で育った彼女たちが描く東京という曲は、地方出身アーティストが描く東京とは違う、新しい視点の東京曲じゃないだろうか。

 

Canvas」は以前の記事でも取り上げたが、春の訪れを感じさせるいい一曲。

www.youtube.com

春と東京は切っても切れない関係にある。(学校とか就職とか)

この並びはなんか狙ってるなぁって感じちゃうね。

 

今作の中では少ないダークサウンドな西東京

簡単に言うとサウンドは9mmっぽいです。むしろこれ9mmにコピーしてもらいたい。

西東京の人間からすると、歌詞がめっちゃあるあるで笑えます。

(唐突な新青梅街道で笑ってしまった)

東京生まれ東京育ちといっても、西東京から都内に行くと別世界なんですよね。

新宿駅とかなんやこれっていうさ。地下鉄のネットワークとかも。

お店とかも。そういう西東京育ちあるあるなエッセンスがたくさん詰まっています。

 

「ショートホープ」っていうと、中村一義が出てきちゃうのですよ。

最初に曲順見た時に、ショートホープっていう単語が出てきてビビりましたよ。

猛烈リトミックでいうTOKYO HARBORみたいなオサレなポップです。

いわゆるシティポップ・・・ジャズっぽさもあり。夜の街とかで聞くと心地いいですね。

タイトル通りホープというタバコが元ネタなんですけど、すぐに買いに行くあたりチョロいファンですよ。

 

「デイドリーム」

白昼夢ってやつですよ。割りと似てるのは、猛烈の「風が知ってる」的な感じです。

幻想的なサウンドですね。津野米咲なんでも出来るな感が漂います。

それに応えられるメンバーも凄いんですよ。赤い公園恐るべし。

 

「あなたのあのこ、いけないわたし」

今作らしい明るいナンバー。J-POPっぽいんだけど、ギターのカッティングが気持ち良いですね。リズム隊の活躍も耳にしっかり入ってきます。

 

コミカルっぽさあり、シリアスっぽさありの「喧嘩」

ひつじ屋さんを思い出す「カオス」があります。

これライブ大変だろうなぁ・・・。

大太鼓使ってるっぽくて謎の運動会ソング的要素があります。

 

イントロのギターリフでビビっときた「14」

正直今作のベストナンバーではないでしょうか。ギターもベースもドラムもボーカルもかっけーよ。

ライブでめっちゃ聞きたいですね。これこそ、カッコいい赤い公園です。

PV作って欲しかったレベルだ・・・赤い公園知らない人にもおすすめしたい。

 

90年台J-POPを彷彿とさせるリズムの「ハンバーグ!」

本当になんでもできんなこの人・・・。若い人間からすると新鮮だけど、

20代後半~30代の方には結構ビビっとくる曲だと思います。

 

ナルコレプシー

ランドリー、白盤を彷彿とさせますね~。しっとりとした赤い公園も好きなので、こういうナンバーも入ってるのは嬉しい。盛り沢山ですわ。

佐藤さんの力強い歌声の裏に、ささやき系のコーラスが入るのも赤い公園の特徴の一つですね。いいバランスなんです。

 

「KOIKI」

www.youtube.com

これもギター、ベース、ドラム、全部好きですね。歌詞も好きだ。

ヒーローを題材にしているのが、なんかグッときます。

ベースが結構鬼です。ただのしろたん狂いじゃないんですよあの人。

コピバンでやると楽しいと思います。(出来るとは言っていない)

 

PVがこれだよ!こういうのだよ!ってなった「黄色い花」

www.youtube.com

NHKEテレの番組タイアップですね。Eテレ層の人にも受け入れて貰えそうなあったかポップです。

いやでも、本当に幅広いっすね。つのまいさ。凄いっすわ・・・。

足で自然にリズムを刻んじゃう系の軽快さとても良いです。やっぱ今作はこういうナンバーが特徴的ですね~。

 

ラストナンバーの「おやすみ」

ちょっと切ない感じのバラード。明るく突っ走ってきて、最後はお布団でおやすみなさい!といった感じ。

優しい気持ちになります。ライナーノーツを是非読んでもらいたい一曲。

 

全曲レビューなら最速じゃないですか?(嘘つけそんなことない)

猛烈リトミックも良いアルバムでしたが、今回は更に良いっす。

赤い公園ここから聴きます!って人でも聴きやすいアルバムだと思います。

 

是非、いろんな方に聴いていただきたいアルバムです。

期待以上のものを作ってくる津野米咲マジ女神。

リリース記念イベントのチケットもゲットしたので、CDにサイン貰いますわ。。。

ギターにもサイン貰ったけどな!!!

 

f:id:hakoniwa_rock_show:20160108215041j:plain

あの日はセカセカしている時にお願いしてしまったので、ちゃんとお礼を言いたいです。剥がされる前にしっかり言っておきます。

 

なにはともあれ。ワンマンツアーもありますよ。ファイナルはど平日やけどな!(つらい)是非ライブにも足を運んでみてください!

 

f:id:hakoniwa_rock_show:20160323212338j:plain

今週末会いに行ってきます。

 

【追記】

f:id:hakoniwa_rock_show:20160327163359j:plain

最前列とれました。

後半に、黄色い花のライブがあったんですけど、

藤本うたこすペアが「誰か歌える人~!」ってマイク観客に向けたんですけど

誰もおらんくて。

前列にいるファンなら誰かしら行くだろ・・・と思ってたんですけど

誰もいなかったので、ちょびっとならって言う風に手でサイン送ったら

藤本さんがマイクくれました。歌いました(恥ずかしくて顔真っ赤でした)

 

全く、オールナイトニッポン0以来でしょうか。

公共放送で即興弾き語りをやったあとにコレっていう。

サインの時にちゃんとお礼しました・・・。

いやはや、ツアーは行けるかわかんないけど行きたい!

たのしかったです。

 

Copyright 2015 MEiLL