読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

MeILL

瀧と三葉の幸せを祈るブログ

ぶっちゃけ、ギターのエフェクターは何から買えばいいの?

楽器機材 復刻記事

※以前に地下室に載せていた記事です。なるべくチェックしていますが情報が古い場合もあります、ご容赦下さい。

 

f:id:hakoniwa_rock_show:20160327174712j:plain

 

この記事はエレキギター初心者の方に向けた、エフェクター購入のガイド記事となります。春から軽音楽部やるぞ~!って人も是非。

エフェクターは何から買えばいいのか、一体どういう種類の物があるのか。おおまかに述べていきたいと思います。

著者もまだまだ修行中の身ですが、自分なりの経験からお伝えしたいと思います。

そもそも、何でエフェクターが必要なの?

皆さんは「エフェクターが欲しい!」と思った理由は何ですか?

  • 音をもっとかっこよくしたい!
  • 大好きな曲を再現したい!
  • いろんな音を楽しみたい!
  • ライブで必要だから!

理由は様々にあると思います。

皆さんそれぞれの目的に沿ったエフェクターを手に入れて、音を変化させたいですよね?

では、エフェクターにはどんな種類があるのでしょうか。

エフェクター筐体の種類

エフェクター筐体には大きく2つの分類があります。

コンパクトエフェクター

BOSS OD-3 Over Drive(オーバードライブ)

マルチエフェクター

Line6 POD HD500X(マルチエフェクター

どうですか?

コンパクトに比べて、マルチエフェクターはとても大きいですよね?

(画像上だとわかりづらいかもしれませんが)

コンパクトエフェクターはその名の通り、小さく設計されており、一つ一つに違うエフェクト機能が搭載されています

マルチエフェクターは、とても大きいスペースを取る分、その筐体にほとんどのエフェクト機能が搭載されています。

・・・なんかお得な気がしませんか?

マルチとコンパクト・・・どっちを買えばいいの?

これはケースバイケースで、とても難しい問題です。

周りの初心者の方にもよく聞かれますが、
その人が将来やりたいことによってアドバイスが変わります。

以下の二つの答えに当てはまるほうを、選択すると良いでしょう。

たくさん音を作りたい!一個で全部済ませたい!

マルチエフェクターをおすすめします。

デジタル数値による論理的な操作が求められますが、最近のマルチエフェクターは初心者でも簡単に操作できるよう親切な設計になっています。

収録されているエフェクトの数や、アンプモデリングの数(有名なアンプの再現)はコンパクトでは実現できないレベルです。

また、機種によってDTMソフトが付属されており、録音や作曲にも使えるマルチもあります。DTMに興味がある人にもおすすめです。

初期投資が高いです。

マルチエフェクターの値段は、相場で1万~5万円程です。
コンパクトエフェクター1台に比べると値段は張りますが、将来的にかかるお金を考えると、コンパクトよりも全然安いです。

音にはこだわりたい!自分だけの音がほしい!

コンパクトエフェクターをおすすめします。

ツマミによる直感的な操作で音を変化させることができ、組み合わせ次第ではあなただけの音を作ることができます。

アナログエフェクター特有の音は、プロフェッショナルな音を目指したい、再現したい方には必須になってくると思います。

サイズがコンパクトなので、音数を必要としないならば、ライブ会場やスタジオでの荷物が少なくて済みます

将来的にお金がすごいかかる場合があります。

エフェクター単体の値段は3000円~10万円までピンキリ。エフェクター同士をつなげるケーブルや、電源供給機、整理するためのボードなど、もろもろの費用がかかります。(だいたい5万円~)

あなたはどちらでしたか?

ちなみに筆者は、最初にマルチエフェクターを買いました。
(コンパクトが欲しい人は、マルチ紹介のブロックを飛ばしてもOKです。)

(image by http://www.digitechjapan.jp/products/RP355/RP355_files/RP355main.jpg)

Digitech RP355(当時1万円ぐらいだったと思います)

最初は難しかったけど、良い勉強になった

小さい日本語マニュアルが一個ついてきたたけで、筐体の表記は全部英語だったので、慣れるまで大変でした。

しかし、予め工場でセッティングされている「プリセット」を利用することで、すぐにいろいろな音を出せるようになりました。

慣れてきたら、自分だけのセッティングを作り登録することで、いつでも自分のセッティングをワンタッチで呼び出すことができました。

マルチは作曲にも使える

マルチを買うまで、作曲をしたことはありませんでした。

ですが、付属してきた「Cubase LE4」というDAWソフト(作曲ソフト)を利用して録音をし、作曲をする経験を積むことが出来ました。

現代のマルチエフェクター

筆者は現在、コンパクトエフェクターを使っています。
大学の後輩に「マルチ何買ったらいいですかね?」とよく相談されることがあります。

筆者自身、マルチについて未だに色々と調べることがあるため、
ここでおすすめのマルチエフェクターを幾つか紹介したいと思います。

ZOOM G3X

(image by https://www.zoom.co.jp/sites/default/files/styles/png_to_jpg/public/products/hero-image/leadImage_g3x.png?itok=R14AVkZ4)

ZOOM G3X(相場18,000円程度)

マルチエフェクターの分野で古くから安価で
多機能な製品をリリースしている「ZOOM」のミドルモデルです。

 

3つのボタンにそれぞれ、エフェクト機能を付与することができ、
上部の液晶にエフェクターが表示される設計になっています。

視認しやすく、ユーザーのことをよく考えて設計されていると感じます。G3Xではペダルが設置されており、ワウエフェクトや音量調整ができます。

BOSS ME-25

(image by http://jp.boss.info/products/me-25/images/hero.jpg)

BOSS ME-25(相場18,000円程度)

楽器メーカー「Roland」のブランド「BOSS」のマルチエフェクターです。BOSSは1970年台後半より続いている歴史あるブランドです。
その蓄積されたノウハウによる造りは海外メーカーの追随を許しません。

コンパクトエフェクターを意識した構造

こちらも3つに分かれたペダルが存在します。

BOSSのコンパクトエフェクターの特徴でもある、演奏中の踏みやすさを意識したペダルデザインになっていると感じます。

前を向くことが多いボーカル・ギターの人には特にオススメです。

Line6 PODHD500X

(image by http://www.soundhouse.co.jp/images/shop/prod_img/l/line6_podhd500xa_2.jpg)

Line6 POD HD500X(相場:58,000円程度)

アンプモデリングで有名な「POD」シリーズをマルチエフェクターにしたPODHDシリーズ。その最上位モデルです。

前の二台に比べてめちゃんこ高いですね!!

登録されているエフェクト数同時に使えるエフェクト数

ここがものすごく強い部分です。

正直コレ一台あれば、コンパクトいらないかも・・・ってぐらいに音質はいいと思います。(ライブで聴いた感じ)

PCでのプリセット操作など、できることがたくさんあるので、
初心者向けかと言われるとちょっと違うかもしれませんが、
売り出しや中古で見つけたら、持っておいて損はない一台だと思います。

話は長くなりましたが・・・続いて・・・

コンパクトエフェクターについて

コンパクトエフェクターには、いろいろ種類があります。それはもういろいろと。電子回路で出来ていますから。
出そうと思えばどんな音でも出すことができるはずです。

まずは、定番の音色から抑えていきましょう。

エフェクターは大体以下の3つのカテゴリに分かれます。

歪み(ひずみ)系

例:BOSS OD-1X Over Drive (オーバードライブ)

www.youtube.com

モジュレーション系

例:BOSS CE-5 Chorus Ensemble (コーラス)

www.youtube.com

空間系

例:BOSS DD-500 Digital Delay (ディレイ)

www.youtube.com

えっ・・・こんなにあるの・・・?

そうです。こんなにあるんです。ぶっちゃけ違いとかわからないですよね?最初はそれで全然OKです。

「歪み(ひずみ)・モジュレーション・空間」の3つの分類があるこだけは押さえておくといいと思います。

楽器屋さんで、店員さんに欲しい音を伝えるとき、
上記3つのカテゴリ名を使うと、より具体的にな説明になると思います。

それぞれの音色については、Youtubeなどでチェックしてみてください。

結局、どれから買えばいいの?

結論:まずは歪み(ひずみ)から。

筆者も最初はディレイなどの空間系エフェクターに憧れていましたが、
まずは歪みペダルから買いましょう。

オーバードライブ

万能選手です。迷うならコレを買いましょう。

ポップからロックまで、セッティング次第でガンガン使えると思います。
筆者はよく使います。何台か重ねて使うとより迫力が出ます。

ディストーション

尖った音が欲しい!オーバードライブじゃ物足りない!

と思うあなたは、オーバードライブよりもディストーションを買いましょう。

ハードロック、ヘビーメタルヴィジュアル系のサウンドには必須とも言えるエフェクターでしょう。

ファズ

なんだかよくわかりません。それがファズです。

理屈じゃありません。轟音、音圧、迫力。
そのワードに惹かれたなら、ファズを買ってみましょう。

BigMuffとFuzzFaceとFuzzFactoryというワードを覚えておくと
後々役に立つかも・・・しれません。

ブースター/プリアンプ

最初の一台にはあんまり向いてない・・・かも

ブースターとは、アンプの音を増幅させて歪ませることに
利用されることが多いエフェクターです。

皆さんが使うアンプにもよりますが、スタジオによく置いてあるコレ

Roland JC-120
(コレがないスタジオやライブハウスってあるのかレベルなアンプ)

このアンプは、エフェクターで歪ませることが前提な感じ

そのため、ブースターを使ってもクリーンな音が大きくなるだけになる
可能性があり、最初の一台にはオススメできませんが、
歪みペダルのお供には、かなりオススメできます!

また、Marshallという二段重ねのアンプを使う予定の人ならば

Marshall JCM900 + Cabinet(ほとんどのスタジオとライブハウスにあるはず)

アンプ自体が歪む設計になっているので、
ブースターを使うとより迫力が出ると思います!

おすすめコンパクトエフェクター

定番だと思われるモデルを紹介していきます!

楽器屋さんにあると思うので、まず足を運んでみて音を聴いてみてください。

歪み系

歪みは絶対に生音を聴いてから買いましょう。
間違ってもYouTubeで音を聴いただけで買わないようにしましょう。
実際の生音とだいぶ違うこともあります。Youtubeはあくまでも参考に。(過去に失敗した奴)

 

BOSS BD-2 Blues Driver 相場:8,800円程度

(image by http://jp.boss.info/products/bd-2/images/hero.jpg)

ブルースドライバーは1995年に発売されたオーバードライブです。

特徴:プレイヤーが弾いた時の感触(ニュアンス)を素直に表現してくれる

弱く弾いたら優しい音が出るし、思い切り弾いたら歪んだ音が出る。プレイヤーの思うがままに操れる優秀なエフェクターだと思います。コストパフォーマンスにも優れ、歪みの幅も広いです。

難点:ちょっとジャキジャキしすぎてるかも

聴く人によっては「キンキンする音」という感想もあります。
また、「BD-2を通したらどんなギターもBD-2の音になる」と言う人もいますが、プロでも普通に使ってる人がいます

Fender系のストラトテレキャスにはバッチシなサウンドだと思います。

BOSSの歪みは基本がいろいろ学べるので要チェックです。
 

Ibanez TS-9 TubeScreamer 相場:10,000円程度

(image by http://www.soundhouse.co.jp/images/shop/prod_img/i/ibanz_ts9b_2.jpg)

歴史と伝統に満ち溢れたエフェクターです。

''''遡ること1979年に発売されたチューブスクリーマーは、国内外問わず様々なギタリストに使われてきたオーバードライブエフェクターです。

TS-9は1982年にリリースされたモデルとなり、現在も生産されています。

特徴:スムースな歪み、どんなアンプにもマッチングする

古くから多くのギタリストに愛されただけあり、特にMarshall系アンプとの相性が抜群にいいエフェクターです。

難点:歪の幅が狭い

BD-2に比べると歪みの幅は狭く設定されています。ですが、JC-120でもしっかり歪む設計にはなっています。

物足りないなぁと感じる方は、他メーカーにてTSをベースとし、改良された「TS系」と呼ばれるエフェクターがたくさん作られているので、チェックしてみると良いでしょう。

 

MXR Custom Badass '78 Distortion 相場:9,000円程度

ディストーションといえばMXRです。

そのMXRの最新カスタムモデルディストーションです。

特徴:ハイゲイン(すごい歪み)とファットトーン(太い音)

コレ、持ってるわけではなく試奏しただけですが、
この値段でこの音なら最初の一台どころか、
そのままずっと使えるかもと思ったエフェクターです。

ディストーションをあまり使う機会がないので購入を見送りましたが、
楽器屋さんで見つけたら音を聴いてみてください。

 

LEQTIQUE ( レクティーク ) / 9/9 相場:18,000円程度

(image by http://www.cloudchair.net/uploads/2013/09/IMGP9889.jpg)

今までに比べるとちょっとお値段高いですね・・・。

その理由は「手作り(ハンドメイド)」だからです。

普通、エフェクターは工場で大量生産されます。
しかし、「LEQTIQUE 」では一台一台を手作りで生産しています。
ぶっちゃけこの値段でいいんですか・・・と思ってしまうレベルですね。

 

コレもまた試奏のみの感想になりますが、音圧すごいです。
初心者でコレ持ってたら先輩とかビビリます。多分。
なので、ちょっと扱いづらいかもしれませんが、
持ってて損はしないエフェクターだと思います。

同メーカーのオーバードライブ「Maestoso」も要チェック!

ちなみに製作者のShun Nokinaさんは日本人で、海外に拠点を置いてエフェクター製作を行っている方です。

高価な手作りエフェクターをより身近にというコンセプトでLEQTIQUEブランドを立ち上げたそうです。

www.youtube.com

めちゃくちゃ有難いです。本当に。涙出ます。

 

モジュレーション系

モジュレーションに困ったらとりあえず「BOSS買っとけ」とは思います。

TCElectronicもコストパフォーマンスが良いのでおすすめです。

その中でもオススメな奴を幾つか。

 

Electro-Harmonix Neo Clone 相場:10,000円程度

http://www.soundhouse.co.jp/images/shop/prod_img/e/eh_eh4620ba.jpg

ニルヴァーナカート・コバーンが使っていた、SmallCloneというコーラスをベースに小型化された商品。

ノブが少ないので、音作りに悩まず直感的操作が出来ると思います。

SmallCloneが抱えていたいくつかの問題をクリアした現代版コーラスペダル。

ちなみにサウンドハウスは直輸入なので7,538円(税込)修理がちょっとめんどいけど、安くて欲しければ音屋で買いましょ。

 

ARION STEREO PHASER SPH-1 相場:4,000円程度

http://www.soundhouse.co.jp/images/shop/prod_img/a/arion_sph1d.jpg

全国の凛としてなギターが好きな方々、おまたせいたしました。

凛として時雨のTKからこのエフェクターを抜いたら海老天がない天丼です。

手っ取り早く時雨っぽいことやりたいなら買いましょう。

ARIONは日本のメーカーですが、生産国はスリランカという謎。

歪みのTUBULATOR、コーラスのSTEREO CHORUSも安エフェクターにしては評価が高いです。見つけたら買ってみるのをオススメ。

難点はペダルが安いのでちょっと脆い。ONにした時に音量がでかくなること・・・ぐらいかな。

 

空間系

BOSS DD-7 相場:14,000円程度

http://www.soundhouse.co.jp/images/shop/prod_img/b/boss_dd7d.jpg

BOSSは空間系も強いです。特にこのディレイペダルはロングセラー商品で、数多くのギタリストに愛されてきました。

ディレイの基本を知るには、まずはこのペダルを使うのが良いのではないでしょうか。

ディレイは切り替えが多いペダルなので、BOSSの踏みやすい構造はユーザーに優しいと思います。

TC ELECTRONIC AlterEgo2 相場:16,000円程度

http://www.soundhouse.co.jp/images/shop/prod_img/t/te_altereg02d.jpg

エフェクター好きを豪語する人間なら誰しもが知っているであろう「ProGuitarShop」(通称:PGS、プロギターシャップダッタカム)

豪腕マッチョな兄ちゃんが新商品のエフェクターやギターを片っ端からスゴテクで引き倒すYoutubeチャンネルがとても有名です。

そのPGSがTCのFlashBackDelayをチューニングして発売した商品がAlter Egoです。

往年の名機を再現したモードが9つも入っている。コレ一台でディレイ9台分です。

こちらもディレイの基本を知るには良いペダルだと思います。

 

BOSS RV-6 相場:16,000円程度

http://www.soundhouse.co.jp/images/shop/prod_img/b/boss_rv6a.jpg

BOSSが久しぶりにリニューアルしたリバーブペダル。

DD-7もそうでしたが、リバーブの基本を知るには良いペダルです。

モードも多く収録されているので、アンプのリバーブでは物足りない時や

シューゲイザーなどをやるときにはオススメだと思います。

 

いやそんな何個も買えねぇし!金ねぇし!

全国の高校生の皆さん。ごめんなさい。コンパクトは金がかかるのだよ・・・・。

そこで、金がかからない方法を伝授。

 

ZOOM MS-100BT 相場:12,000円程度

http://www.soundhouse.co.jp/images/shop/prod_img/z/zoom_ms100bt_01.jpg

コンパクトエフェクターのサイズに、マルチエフェクターの機能を詰め込んだZOOMの傑作商品。

お年玉ためて、歪みペダル一個とこいつを買えば、だいたいのことは乗りきれると思う。

収録されているエフェクト数はたくさんあるのはもちろん、スマホのアプリで音色を購入することができ、Bluetoothでそれを送信することが出来るハイテク商品だ。

普段使わないエフェクターが必要な時はこいつに頼ろう。

ちなみに時雨のTKはこいつをベルリンのレコーディングに持って行っていた。

使っているエフェクターが壊れたとしても、代用できるからとのこと。

 

 

次にこいつを見ていただきたい。

http://mooeraudio.ca/wp-content/uploads/2013/10/BLUES-MOOD-B.jpg

ここまで記事を読んでくれたあなたならもうわかるはず。

どこかで見た配色。

そう、コヤツはBOSS BD-2、かつ改造品であるKeeley BD-2 Phat tube mod(3万ぐらいする)をベースに制作された中国製エフェクターなのだ!(7000円ぐらい)

 

中国製エフェクターの台頭

楽器屋に足を運んだ人は、最近よく小さいサイズのエフェクターを見かけることが多くなったと思う。

 

MOOERという中国メーカーが数年前に、ミニサイズエフェクターのリリースを初めて以来、中国のメーカーは安い値段なのにうん万円するエフェクターをベースにしたミニサイズペダルを続々と販売してきた。

パクリのパクリがパクリを繰り返す無限パクリ現象が起きている。

 

見た目まで似せてる始末。流石に怒られろ 怒られてもやめないと思うけど

mooerのシリーズは今では膨大な数があるが、ほぼ元ネタがあるエフェクターばかりだ。

しかし、コレぐらいのサイズのほうが安いし運びやすいよねっていうのが現実。

ぶっちゃけ音とかそんな気にならないし、それっぽい音出ればいいわって感じなら中国製でもありあり。

どうやってあのサイズに納めてるのかな・・・。絶対に技術者どっかから引き抜いてきたんだろうけど、本当に謎だ・・・。

 

おまけ:チューナー

KORG GA-1(チューニングして練習しましょう)

(image by http://www.soundhouse.co.jp/images/shop/prod_img/k/korg_ga1d_2.jpg)

あれ・・・ライブ中にいちいち使えないですよね?

そんな時には、足元におけるチューナーがあります!

KORG DT-10 デジタルフットチューナー(相場6,000円程度)

(image by http://www.korg.co.jp/Product/Tuner/DT-10/images/index_p.gif)

エフェクターの一番前につなげることで、ライブのMC中など
開いた時間にすんなりチューニングすることが出来ると思います。
一台持っておくと便利だと思います。結構頑丈で壊れにくい。

PitchCrow-G(相場2,000円程度)

http://www.soundhouse.co.jp/images/shop/prod_img/k/korg_aw4gbkff.jpg

 

最近はクリップチューナー使う人も多いですね。安いですし。
ギターの頭(ヘッド)に挟んで使います。お手軽。
精度も高いので、アコギ・エレキ両方おすすめです。

おわりに

気づいたらものすごい長い記事になっていまいました。
至らない点もあったと思いますが、如何でしたでしょうか。

お伝えしたい点をまとめると

  • コンパクトは初期安い、後高い
  • マルチは初期高い、後安い
  • カテゴリは「歪み系・モジュ系・空間系
  • まずは歪みを使ってみよう!買ってみよう!

になると思います。

エフェクターは奥が深く、筆者も知らないことがまだたくさんあります。
それでも、好きな音を出せた時の喜びは、初心者上級者関係なく味わう事ができると思います。

是非皆さんも、楽しいギタリスト生活をお送りください。
最後までお読み頂き、ありがとうございました。

女子高生×楽器でおなじみの「まつだひかり」画伯のこの動画 面白いのでぜひ

www.youtube.com

メタゾネは神

Copyright 2015 MEiLL