MeILL

瀧と三葉の幸せを祈るブログ

岸田教団はいいぞ 岸田教団 & The明星ロケッツ

書く書く詐欺

岸田教団はいいぞ

どうも、僕です。岸田おじさんです。

 

 

f:id:hakoniwa_rock_show:20160718161442j:plain

こちら2016年夏の最新アー写となっております。

最高にダサい!最高!最高だ!

まだ好きになって4年ぐらいなのでニワカですが、がんばります。

(間違ってるところあったらごめんなさい)

なお、呼称については一部省略する場合がございます。

 

岸田教団 & The 明星ロケッツとは

  • Vo. Ichigo(真ん中)
  • Gt.はやぴ~(右)
  • Ba.岸田(総帥)(左)
  • Dr.みっちゃん(後ろ)
  • サポートGt:T-tsu(てっちゃん)

ほぼみなさん福岡民の方々(はやぴ~さんは岡山民)で構成されている。

そしてこのアー写である。

岸田教団のはじまり

岸田総帥は元々はバンドマンだそうで、バンドを組んでTEENS' MUSIC FESTIVALというヤマハ系のコンテストに出場したそうです。

その時に控室に目立つ感じの女の人がいて~という話を以前ラジオでしていました。

それが前年度のコンテンスト優勝者だったIchigoさんだったそうです。

前年度だから関係ないのに何でいたんだろうとしきりに不思議がってました。

 

その出会いからしばらくしてから、岸田総帥は同人での音楽活動を初めました。

しばらくは「岸田教団」としての活動が続きます。

 

この岸田教団、最初は宗教か何か?と思われる方もいらっしゃると思いますが、実はネトゲのギルドの名前だったそうです。(メンバーは集まらなかったらしい)

薄っすらとした記憶だとシールオンラインのギルドだったんでは・・・自信がない。

 

岸田教団時代は基本的にインストゥルメンタルで、ゲーム音楽のアレンジ&打ち込み音源を制作していました。

岸田教団 & The 明星ロケッツになるまで

2007年には幻想事変(東方アレンジ)と星空ロジック(オリジナル)をリリース。

同年、東方同人音楽サークルのライブイベント「フラワリングナイト」に出るためバンドを結成。

この際、ギタリストのはやぴ~さんが参加した作品は「& The 明星ロケッツ」になる決まりになったようです。(現在はフル参加なのでずっとこの名義)

 

星空ロジックは岸田総帥とIchigoさんとみっちゃんの三人で制作、幻想事変は今の4人で制作された作品になります。

 

その後、東方アレンジ&オリジナルの両方をリリースし続け、ライブイベントにも積極参加。

2011年、ついにジェネオンからメジャーデビュー(現在はワーナー)

初っ端からアニソンタイアップで知名度がガン上げされることとなり、その後は同人活動とメジャー活動を平行して行っている。

ツアーは年に一回程度、音源リリースは半年ペースな印象。

今期もアニメタイアップされております。

 

岸田教団の特徴とか

まず、ボーカルのIchigoさんの力強い歌声が印象的ではないだろうか。幻想事変の時代でも上手に感じるのに、今はもうとんでもないことになってる。

そして身体がムキムキ。めっちゃ鍛えとるがな。

岸田教団以外にも、個人での活動(写☆真)やジャッジメントという別バンドを組んでいたりと、かなり活動には積極的な人である。今は文化放送超A&Gで夕方の生放送もやってます。

2016年の4月1日という、ファンでも困惑する日に結婚を発表。メンバーも困惑したそうだが、本当のようでした。おめでとうございます。

 

ギターのはやぴ~さん、メインは67年式フライングV(ビンテージ)で、機材厨泣かせのビックリドッキリメカをたくさん使っている。

はやぴ~さんにとってファズは、時雨のTKでいうフェイザーぐらいのものだ。以前のライブでファズが壊れた時はあからさまにテンションが下がっていた。

ワウ、スライドバー、マキタの電気ドリルピッキング、アナログシンセ、ショートルーパーともうめちゃくちゃな音をいっぱい出すので「本当にギターの音かこれ?」と音源で首を傾げがち。

新作ではついにトークボックスを導入し、岸田コピー勢はどうしようと頭を抱えている、はず。俺は頭を抱えている。

元々は絵師の人。なのになぜか歯ギターをやったりとアクティブな絵師・・・。はやぴ~さんのギターソロ大好きです。

最近はジミー・ペイジみたいな容姿になってる。

 

ベースの総帥はガチビンテージの所有者で、FenderUSAのプレシジョンベースの65年、67年、73年物を使っている。ライブでは65年のやつを使ってるはず。

基本ピック弾きなんだけど、腕の振り幅がピック弾きのソレじゃないぐらい振る。

なんであれで弾けるのかわからないと、仲間内ベーシストの間でも話題になる。

音源のバッキングギターは総帥が担当しているので、ギターも上手い。

MCの喋りが早くなりがち。ライブでロリコンコールが起きる。

 

ドラムのみっちゃんは、結成当初から安定したドラムプレイを見せており、現在はドラマーが悲鳴を上げるフレーズを叩き続ける人です。

個人的にはアヒトイナザワタイプ、つまり手数多い方なので、すごい好きなドラムです。

最近身体もプレイもパワードラマー化してきてます。音圧おばけ。

 

てっちゃんは以前、岸田総帥が生み出した フェンダーサイクロンのネック+プレイテックのレスポールボディとかいうキマイラを使ったりもしていたが、基本的にはストラトキャスターを使っている。

今回のツアーではKalamzoo(今で言うエピフォンの位置)のギターを使用している。つまりはビンテージだ。

はやぴ~さんに比べると堅実なプレイというか、落ち着いたプレイが多い。バッキングの安定感がしっかりと感じられる。

 

岸田の演奏陣はどこでそんなもの仕入れてきたんだ的機材がたくさんある。ていうか同人時代からプロ顔負けのビンテージ品とか持ってたり、機材力を発揮していたが、今回のツアーでは更にヤバいことになっている。欲しいものがなかったら自分たちで作っちゃうしなぁ・・・。DIY勢恐ろしい。

 

岸田教団の各作品について

機材の話もほどほどに、、、作品について紹介していきます。

クロスフェードスマートフォンだとうまく表示されないようです。

別途リンクを貼っておきます。

東方アレンジ

SUPERNOVA(2005)

f:id:hakoniwa_rock_show:20160718193220j:plain

ファルコム英雄伝説アレンジ

東方アレンジ

メルティブラッドアレンジ

と、様々なアレンジが入った作品。多分いちばん最初に頒布されたはず。

今は生産していないので、中古とかでしか手に入らないと思います。僕も持ってない。

明星ロケット(2006)

f:id:hakoniwa_rock_show:20160718193223j:plain

音ゲー勢のみなさんは見覚えがあるのではないでしょうか。

収録されているのは幻想事変の音源だけど、ジャケットはこっちなんですよね。

今作は東方アレンジのみの収録。明星ロケットやネクロファンタジアなど、後々の代表的な曲のベースが既に出来上がっている。

Ichigoさんが歌うのとは違うキーだったりして面白い。打ち込み系のインストもまたやってほしいなぁと思います。

Super Sonic Speed Star(2006)

f:id:hakoniwa_rock_show:20160718194825j:plain

こちらもインスト作品。明星に比べると古めの選曲。YU-MUやlotus loveが収録されている。ギターの音が結構好き。

インストの楽曲を聞いていると、Ichigoさんの声って本当にベストマッチだったんだなぁと感じます。

幻想事変(2007)

f:id:hakoniwa_rock_show:20160718195405j:plain

たぶん一番有名なアルバムだと思います。明星ロケットを始めとして、現在でも代表とされる曲をたくさん収録されています。

歌舞伎町の女王や夢は時空を超えてなどは、昨今のロキノン系のオマージュが頻繁に盛り込まれている。(最初に夢は時空を越えてのイントロを聴いた時は笑い死ぬかと思った)

Download

http://k-kyoudan.s61.xrea.com/rockets/crossfade_jihen.mp3

Electric Blue (2008)

f:id:hakoniwa_rock_show:20160720002653j:plain

幻想事変から様々なパワーアップを感じる作品。今でもライブで人気のある緋色のDanceはこちらに収録。付点八分ディレイジャンキーにはたまらん曲です。

SPEED GRAPHERとか妖々跋扈も好き。聴きやすいアルバムです。

www.youtube.com

クロスフェードが見つからんかった・・・)

ROLLING★STAR(2010)

f:id:hakoniwa_rock_show:20160720002710j:plain

「ちょっとだけ 頭の悪いアルバムです」という総帥のコメントがついたアルバム。

俺から言わせれば大分頭悪いサウンドに仕上がっています。

Download

http://k-kyoudan.s61.xrea.com/reitaisai7/rollingcross.mp3

ラストに収録された霊知の太陽信仰が本当にカッコいい。ココらへんからはやぴ~さんが宇宙と交信し始めます。

.JP(2012)

f:id:hakoniwa_rock_show:20160720002726j:plain

お聴きいただくとわかると思うが、あからさまに今までと音質と音圧が違う。これがメジャーデビューを経験したバンドなのだなぁと。(この作品は同人)

実はこのアルバムで岸田が好きになったので、思い入れが深いアルバム。

全体を含めて、ミックス・マスタリングはこのアルバムが一番好き。

はやぴ~さんのギターが、普通のエフェクターではコピーが無理な領域に突入。

Surumeika(2013)

f:id:hakoniwa_rock_show:20160720002742j:plain

soundcloud.com

個人的にはちょっと影の薄いアルバムかなと思います。ですが曲はめっちゃいいです。感情の摩天楼が特に好き。アノ華咲クヤはインストゥメンタル版もあり、耳コピ勢にやさしい。

きしだきょうだんのべすと!(2013)

f:id:hakoniwa_rock_show:20160720002756j:plain

幻想事変~ROLLING★STARまでの楽曲をピックアップし、再録したアルバム。

とりあえずこれ買ってと声を大にしたいくらい良く出来ている。

昔の岸田教団を聴いていたという人は特に驚くと思うので、是非・・・。

全14曲入り。まさにベスト。オリジナルの方も再録ベスト待ってますよ!マジで!

SUPER SONIC APPLE RABBIT(2015)

 f:id:hakoniwa_rock_show:20160720002811j:plain

東方アレンジでは一番最新になるアルバム。岸田教団の原点回帰を謳われた今作では、割りと大人しめ(?)のサウンドに仕上がっている。

と思いきや、めちゃくちゃテンポが速い曲ばっかりで主に左手が死ぬ。昔話わんだーらんどは、バンドマンの間で笑いのネタになります。「殺す気か!」と。

 

オリジナル

星空ロジック(2007)

f:id:hakoniwa_rock_show:20160720002822j:plain

Download

http://k-kyoudan.s61.xrea.com/cross_logic.mp3

明星ロケットと双璧をなすライブ定番曲「星空ロジック」が収録されたアルバム。

岸田教団というと、多くの人が東方アレンジを思い浮かべると思うがオリジナルもいいぞ。

この作品は岸田総帥がギターを弾いている。ジャケットのプレベは総帥のプレベがモチーフ。

LiteralWorld(2008)

f:id:hakoniwa_rock_show:20160720002838j:plain

Download

http://k-kyoudan.s61.xrea.com/cross_logic.mp3

個人的に好きなアルバム。爽やかな曲が多い印象。コノハいいよね・・・。

ライブツアーが行われ、その模様がDVDに収録され販売された。みんなが若い。

ギターは総帥所有のフェンダーサイクロンがモチーフ。

HIGHSCHOOL OF THE DEAD(2010)

f:id:hakoniwa_rock_show:20160720003152j:plain

www.youtube.com

メジャーデビュー1stシングル。文字通りHOTDのOPソングだ。

岸田のアニソンは基本的にアニメタイトルをそのまま採用している。わかりやすい。

アニメのシングルCDにはインストゥルメンタルバージョンが必ずある。楽器を始めるまではカラオケ用ぐらいにしか思えなかったが、今は耳コピがやりやすくて、有り難みしか無い。

フル版とTVサイズ版では微妙に演奏が違うので、ぜひ聴いてみてほしい。

POPSENSE(2011)

f:id:hakoniwa_rock_show:20160720003202j:plain

www.youtube.com

クロスフェードが見つからなかった・・・)

メジャー1stアルバム。流石に以前と音質や音圧が別バンドレベルで違う。

ここからの岸田教団は明らかにサウンドが変わっている。何があったのか。

曲のクオリティがものすごく高い。ぶち上がれる曲が多いので、ぜひぜひ。

ライブツアーDVDがこちらも存在している。

今は亡き渋谷AX・・・復活してくれ・・・。

www.youtube.com

セブンスワールド(2012)

f:id:hakoniwa_rock_show:20160720003210j:plain

7枚目のアルバムでセブンスワールド。

群青は凄い好きな曲で、コピバンでやりたいと志願しました。

群青でハーモニクスのビブラートが出てきて、ストラト購入を決意したキッカケのアルバムです。ワイヤーステップ、11月がエモいのでぜひ聴いていただきたい。

ロックンロールラボラトリー(2012)

f:id:hakoniwa_rock_show:20160720003222p:plain

実験的なことをいろいろやろうというアルバム。sleepdisorderは以前提供した曲の再録。なかなか手に入りにくい作品。持ってたらラッキー。

Alchemyをコピーしたんですが、しんどかったです。

ストライク・ザ・ブラッド(2013)

f:id:hakoniwa_rock_show:20160720003233j:plain

www.youtube.com

こっからMVができはじめる。文字通りストライク・ザ・ブラッドのOPです。

めっちゃかっこよくありません?たまに電車で聞いてて泣きそうになります。

ギターも楽しく弾ける奴なんで、ぜひぜひ

hack/SLASH(2014)

f:id:hakoniwa_rock_show:20160720003239j:plain

Download

メジャー2ndアルバム。CMがいろいろ謎だったやつ。

Hack on the worldだけでも聴いて欲しい。ていうか聴いて。

明星ロケット以来、ボーカル入りではほぼ初めてであろう、シンセサイザーがバリバリ入っている楽曲だらけ。

こういう方向もいいと思います!(コピバンは大変だけど)

GATE ~それは暁のように~(2015)

 

f:id:hakoniwa_rock_show:20160720003245j:plain

www.youtube.com

GATE一期のOP。星空ロジック系の明るい岸田教団。

「岸田教団最近サビでウォーウォー言いすぎじゃね問題」作品のひとつ。

歌詞もとてもいい。そしてカップリングのEGOISTIC HEROがすっげえいい・・・。

GATEⅡ ~世界を超えて~(2016)

f:id:hakoniwa_rock_show:20160720003317j:plain

www.youtube.com

GATE二期のOP。最近の岸田っぽい音圧お化けな岸田教団。

はやぴ~さん考案のSUPER FLUTTERが炸裂している楽曲。

MVが突っ込みどころしかない路線になってきた。ウォールオブマーシャル。

ロックンロールラボラトリー2(2016)

f:id:hakoniwa_rock_show:20160720003333j:plain

Download

2016年のM3で頒布されたアルバム。なんとオリジナルの再録が!!!

その他、手に入りづらい音源の再録もあったりと、結構お得なアルバムです。

 

最近の岸田教団とまとめ

 

www.youtube.com

そして本日発売の天鏡のアルデミラン

MVがクソ笑う。最高にダサいアー写と最高にダサいMV。最高。

特撮界隈には有名な撮影場所のようです。

MVのオフショットや裏話などはichigoさんの日記にて。

note.mu

 

ということで「ひさしぶりのおそと」というツアーが今行われており、残すところは今週末7/23(土)の日比谷野外大音楽堂ファイナルです。当日券もあるらしいよ!

今回の物販はこちら

f:id:hakoniwa_rock_show:20160720080417j:plain

夏のツアーですよね・・・?

ニット帽を用意してくるIchigoさんパネェ・・・。あと裏T高けぇ・・。(買うけど)

 

おまけ:岸田教団の2016機材考察

はやぴ~さん

いつものと、よくわかんないやつ 後者ちょうみたい

 

 説明が大変です。One Controlのスイッチャーを導入。

キモになるエフェクターをピックアップします。

・左上 PiGtronics MotherShip(宇宙と交信するやつ)

・真ん中上 Uni-vibe(なんでそんなのもってるの)

・右下 SUPER FLUTTER V2(Judder強化版)

・右上 Rocktron Banshee II(トークボックス)

アンプはMarshallに詳しくないけどめちゃくちゃ金がかかっている覚え。

JTM-45/100 Super 100 Plexi Headあたりだったような。

 

 

てっちゃん

今回のツアーではkalamazooのギターでプレイ。

エフェクターボードは、はやぴ~さんに比べるとコンパクト。

One ControlのChamaeleo Tail Loop MKIIで制御。

Phase-90やBOSSのデジタルディレイなどの定番で固められつつ、自作っぽいブースターもあったり。

Marshallに詳しくないのが辛い。キャビはオレンジですね。田渕ひさ子を思い出す。

 

総帥

シンプルイズベスト。特筆はTCのコンプぐらいだろうか。

アンペグは安定

 

 なおレコーディングで使うと思われるボードも制作された。

 

みっちゃん

 つよい

 

以上になります。ありがとうございました。

 

 

Copyright 2015 MEiLL