読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

MeILL

瀧と三葉の幸せを祈るブログ

2016/08/07 山田亮一 弾き語り ワンマンライブ @ 新宿カールモール

ずいぶん泣いた

どうも、僕です。

 

meill.hatenablog.com

前回のレポート

 

 

それは突然に

一ヶ月ぐらい前に、華金や~言うて金曜日に酒を飲んでいたのです。

家に帰ったら「山田亮一弾き語りワンマンやります!今からメールで受け付けます!」みたいなツイートがあって、いやこれ無理やろと。

その時間Twitterにいる人しかチケット手にはいらんやんけこんなんと、やるせない思い

 

と怒りがあったんですが、まぁどうせ当日キャンセル出るやろ~と軽い気持ちで当日向かいました。

 

運命の3分10

15:30の抽選会に集まったのは自分を含め10名でした。

なんと当日キャンセルはたったの3名。

必然的に3/10を引き当てなければならなくなった・・・。

 

なんとなく予感はしていたけど、心臓バックバクでしたよ。

頭のなかで「むーりぃ・・・」って森久保が弱音吐いてました。

 

でも引いてしまったんですよ・・・。これが運命ってやつなのか。

最初気づかなくて、気づいた時にはもう手の震えが止まりませんでした。

マジで死ぬかと思った。

f:id:hakoniwa_rock_show:20160808223656j:plain

 

本編

セットリスト

  1. 鎮痛剤(高田渡カバー)
  2. 高校の時に作った最高傑作(短い 学校に行くと魂が削れる~だったかな)
  3. 今夜、貴方とマトンシチュー
  4. 猿の学生
  5. 新曲(仮タイトル:ヒューマンロスト)
  6. 若者のすべて
  7. 幻によろしく
  8. おー新世界
  9. フールオンザビル
  10. アパルトの中の恋人達
  11. 心が雨漏りする日には
  12. トラベルプランナー
  13. 新曲(傑作のジョーク)
  14. スーダラ節
  15. 17才
  16. 幸福のしっぽ

en

  1. アナーキー・イン・ザ・1K
  2. ナイトクライヌードルベンダー
  3. リボルバー
  4. ワンナイト・アルカホリック
  5. 祭りのあと(桑田佳祐カバー)
  6. 防波堤で見た景色(BEGINカバー)

 

アパルトとリボルバーは破壊力が強かった・・・。

カバーもいいんだけど、できれば山田亮一が作った曲を彼の口からもっと聞きたかったなぁ。

 

正直、セトリだけ見たら前回の弾き語りのプラスアルファという印象は否めない。

だが、こんなにもハヌマーンの楽曲を目の前で演奏されて泣かない奴はいるのかと。

凄い嬉しいけど、反面とても辛かった。

 

俺は、ハヌマーンの曲を目の前で演奏される度にずっと泣いていた。

 

どうして、こんなにいい楽曲が。カッコイイ楽曲が。

もうバンドで演奏されることがないんだろうって。

 

「なんでハヌマーンは終わっちまったんだろうなぁ」

 

その言葉だけがずっと頭をぐるぐるして

彼には見えないようにタオルで顔を隠しながら、音のない声で叫んでました。

 

バズマザーズを最近ようやく受け入れられるようになったんだけど、どうしてもやっぱりハヌマーンの曲を聴くと、良さが湧き出てくるというか。

 

ハヌマーンというバンドや、ハヌマーンの楽曲に対する、無念さや執着心だけでその日のライブに行こうと思ったんです。負のエネルギーしかないけど。

 

生で一度も見れなかったことが未だに悔しいし、ああいう終わり方で気持ちがスパッと切り替えることができなかったことが、一番の要因だと思う。

 

だからこそ、このイベントでその歌を聞きたかった。

本当はあの三人で、爆音で聞きたいんだ。本当はね。

でもそれはかなわない夢なんじゃないかと、僕はもう諦めているからこそ・・・

からこそ、彼に会いに行ったんだと、そう思います。

 

meill.hatenablog.com

 

もしも願いが叶うなら、どうしてもハイカラさんが通るが聴きたくて。

やってくれなかった。けど、とても良いライブだったし、嬉しかった。

また・・・やってほしいな。

 

前回よりサッパリとしたレポートになってしまいました。

昨日書くのが一番熱量的によかったんだと思います。

燃え尽きてしまいました・・・。

 

おまけ

終演後はカールモールでご自由にって感じで。

前回より時間に余裕があったんで、山田氏にサインをいただきました。

f:id:hakoniwa_rock_show:20160808224045j:plain

 

一度目は普通に名前だけ、二度目は「テレキャスターに気をつけろって書いて下さい!!!」って言うたら、「嫌や!!これ俺のテレキャスターやないもん!!!」とのことで、猫を描いていただきました。

 

僕もテレキャスターに気をつけろって言えるようなテレキャスター使いになりたいものだと、その時思いました。

 

握手したら「お前手しっとりしとんな!」と言われてしまいました。

バンドマンと握手する度に言われる手汗問題

 

次は9月かな?ポルカドットスティングレイとの対バンに行きます。立川。

俺得な組み合わせなのでとても楽しみです。

 

Copyright 2015 MEiLL