読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

MeILL

瀧と三葉の幸せを祈るブログ

僕の好きなNUMBER GIRLの10曲を選んでみた

夏だ!お酒だ!テレキャスターだ!

どうも、僕です。

 

先日このような記事を見つけました。

www.music-apartment.red

めっちゃええやんけ・・・

 

ということで僕もやろうと思いました、が!

正直、自分のは面白み一切ないランキングかもしれん・・・。上位がベッタベタ。

(時雨とハヌマーンもやろうと思ったが力尽きたのでまた。)

 

ということで本編

 

 

NUMBER GIRLの好きな曲 10曲

meill.hatenablog.com

思ったより本当にキツイ・・・し、ピックアップとか10曲超えてるやんけと・・・

ゆるして

10位:TRAMPOLINE GIRL

www.youtube.com

曲の展開がとても好きで、途中で殺伐となったかと思えばサビは結構ポップだったり。

スクールガールバイバイ時期っぽい曲だけどSAPPUKEIのアルバムに入ってます。

実は自主制作時代に、同名の曲があるのです。ほぼ別バージョンですが。

OMOIDE4とか、OMOIDE2で聴くことが出来ます。

www.youtube.com

こっちも好き。1:36~あたりがとても良い。この頃のNUMBER GIRLが一番好きなのかもなぁ。殺伐感がないほうが実は好きっていうのはあって。それはのちのち。

9位:Sentimental Girl's Violent Joke

www.youtube.com

音源のやけにリバーブかかってる歌声がとても好きであり、ひさ子パートのメロディが切なくて好き。

歌詞もよくて

笑い飛ばす なんでもかんでも

無気力と感傷 行ったり来たり

真夜中は何食ってもうまい

笑いながら あの娘はそう言った

俺もたまにこういう時あるなぁ・・・と。もしも、それが女子高生でいたらと思うと、途端にNUMBER GIRLっぽさが出る不思議。

音源版はサビで「死にたいあの娘は笑う」の部分で、左右から「ワラーウワラーウ」って来るのが面白くて好きです。

8位:TUESDAY GIRL

www.youtube.com

ザッツナンバーガールサウンドって曲です。

とにかくサウンドのキレがいい。スッパスッパ切れる日本刀が如し。

カラオケは絶望的に歌いにくい。やっぱり向井秀徳の歌は向井秀徳しか歌えないと思います。

 

これもサビが好き(なんでも好きじゃねぇか)

ガラガラ声で叫びまくる向井秀徳にもどして

 

 

07年~08年ぐらいにニコニコに張り付いていた人なら知っているであろう、「やよいちゃん」さんのカバーがとても良いので是非。

それにしても最近のニコニコはバンド系の動画全く上がらなくなりましたね・・・。上がってもあんまり盛り上がってない。みんなYoutubeなのかな。

7位:TATOOあり

www.youtube.com

田渕ひさ子のプレイが取り上げられることが多いこの曲。

僕はイントロとアウトロの向井のアルペジオ語りがものすごい好きなんだ!

NUMBER GIRLで取りざたされるべきは、向井秀徳アルペジオだと思うのだよ。

アレがなきゃ、なんか足りないんです。なんか足りない。

 

向井の語りから深いコーラスのかかったひさ子のギターが入り、曲が始まっていく感じが辛抱たまらんね。ああ、90年台にタイムスリップしたい。

6位:zegen vs undercover

www.youtube.com

これもTATOOありと同じで、イントロのアルペジオがばりヤバイアヒトのドラムもばりバイ

ばり”って博多の方言なんだってこの曲で知りました。

札幌の解散ライブの前口上がもう好きすぎて辛い。

売れる売れない二の次で かっこのよろしい歌ば作り

聴いてもらえりゃ万々歳 そんなあたしは傾奇者

人呼んで NUMBER GIRLと発しやす.

最高か!?解散ライブでこれって!?

ぜひ、サッポロOMOIDE IN MY HEAD状態を聴いて下さい。

5位:透明少女

www.youtube.com

言わずもがなです。夏の歌ですよ。

僕が最初にナンバーガールを知ったのはこの動画でした。

「初っ端から何言うとんねんこのオッサンは」という感じでしたが、演奏が始まった途端にテノヒラクルーって感じでした。

大学一年生のまともにギターが出来ない頃に、ギターボーカルを必死に練習したので、未だに弾いて歌えますが、やっぱり中盤のアルペジオパートは難しいですね。

ナンバガをあんまり知らん」って人でもこの曲は知ってたりするんで、代表曲でしょう。

4位:我起立一個人

www.youtube.com

この曲あんま知らんって人多いのかなとは思います。

僕はシブヤROCKTRANSFORMED状態というライブアルバムが本当に好きで、高校生の頃にずうーっと聴いていたんです。

その中でもこの曲の歌詞と展開に心惹かれたんですよ。

行き先はまだ知らぬままの俺はただ前へ前へ進む

ただ立ち上がって 歩き出して 夢のなかふらついてよろめいて

行くのだろう

高校生の時に将来が見えなくて、進学先もふらふらしてて、生きてることに不平不満だらけで(今もそうだけど)惰性で生きている自分にとっては、とても響く歌詞で。

向井秀徳の歌声がまたいいんですな・・・。ナンバーガール・・・。

3位:転校生

www.youtube.com

これねぇ・・・イントロの何とも言えねぇナンバガあるあるな都会の殺伐感。

いわゆるSAPPUKEI以降の感じですよ。でもサビはスクールガールバイバイ的なポップさがある。

SCHOOL GIRL DISTORTIONAL ADDICTはそういう曲が多いです。

その中でも転校生は特に好き。ギターのキレ・・・キレがいい・・・。

2位:IGGY POP FAN CLUB

www.youtube.com

後期のナンバガが初期の曲をやると、もの凄いグルーヴ感が生まれるんですよ。

特にこのRIJF2002のイギポ。これはもう僕が考える「バンドサウンド」の終着点です。

別段難しいテクニックとか要らないんです。これほどに「バンドしてるサウンド」を俺は知らないです。

一人一人がアクの強いメンバーで、音にもソレが出ているのに成立していて、「この四人じゃなきゃダメだ」ってのを強く感じさせられます。向井が解散を選んだのも納得。

 

なんとなくいなくなってしまった女の子のことを思い出している曲。

ありますよね。中学生の時に好きだった女の子がいて、ふとその娘と話題にあがったバンドを聴くと顔がフッと思い出てきて、「やめてくれ・・・やめろ・・・」ってなります。ほんま死にたい。

 

サッポロのイギポは涙不可避。ぜひ映像で見て下さい。

1位:OMOIDE IN MY HEAD

www.youtube.com

知ってた って感じですよね。徹夜で駅から歩いて帰る時は必ずコレ。

後ろに書いてある、まだシンプルな「ROCK IN JAPAN」の文字が最も際立つ楽曲。

多大な邦楽バンドに影響を与えたであろうナンバーガール

僕はこの曲こそがNUMBER GIRLの「代表曲」であって欲しいし、バンドマンならこの曲は大抵伝わる。

 

歌詞、メロディ、演奏全部いいんだ。もう良すぎて何が良いのかわかってないぐらい良い。とにかく良いしか言えない。

 

ただこれね、10代後半に出会ってなかったらこんなに好きになってなかったと思っていて。17歳~19と20~22って全然違うんですよ。

これは17歳~19歳で出会うとめちゃくちゃ響く曲だと思います。だからこそ今の10代にって思うんです。ナンバガはいいぞ。

ピックアップ:YARUSE NAKIO の BEAT

 

www.dailymotion.com

このライブ映像が好きっていうピックアップです。

この福岡ドラムロゴスの音響がばりヤバイんですよ。この時の楽器陣の音ヤバくないっすか・・・?僕が目指すギターサウンドはここにあります。

後半の展開がもう最高。ちなみにSAPPUKEI 15周年版のDISC2はこれが入ってます。

YoutubeにあるINAZAWA CHAINSAWは同日ライブのものなので、あっちもヤバイ

まとめ

お気づきかもしれませんが、ほぼライブ映像です。

NUMBER GIRLの音源で聴いてるのライブ音源ばっかりです・・・。

それほどライブが良いんですよ。音源で物足りなくなる。

だからこそ、今ライブが見れないっていうのが凄い辛いなっていつも思うし、この時代に生きていた人たちが羨ましいです。

 

夏ですし、ナンバーガールとビール(缶チューハイ)で乾杯したいです。

Copyright 2015 MEiLL