MeILL

瀧と三葉の幸せを祈るブログ

syrup16gとは何だ【前編】 FreeThrow~delayed

どうも、僕です。

syrup16g 2016年ツアーHAIKAI 新アルバムdarcの発売を記念して以前書いたクッソ長い記事を復刻させます。

 

 

大型の記事を書こうと思いました。 みんな大好きsyrup16gの記事です。 sryup16gってよく聞くけど一体どういうバンドなのかってわからん人もいるでしょうし、 前からやってる10代に聴いてもらいたいシリーズのような感じで紹介していければと 思っております。

FreeThrow

f:id:hakoniwa_rock_show:20161002072316j:plain

結成当時の三人は、日本工学院専門学校で知り合った仲間である。 中畑曰くがっちゃん(五十嵐)に「命賭けよう」と言われバンドに誘われたと語っている。(五十嵐本人は笑いながら否定していたので真相は不明)

www.youtube.com

デビュー・アルバム Free Throwより「明日を落としても」 筆者がsryup16g、及び五十嵐隆を崇拝するに至った原因の曲でもある。 五十嵐隆という一人の人間を説明するのに、この一曲さえ聴かせれば 「こういう人だよ」って教えるのに十分ではないかと思う。 現在ではバンドスタイルでの演奏はほとんどされない。

  1. 翌日
  2. Sonic Disorder
  3. Honolulu★Rock
  4. 明日を落としても
  5. 真空

Honolulu★Rock以外は今でもライブの定番になっている。 Honolulu★Rockは五十嵐の中で黒歴史と化しているのかもしれない。  

Syrupは、「ぬるいままで好きな音楽を好きなだけやろうっていう、そういう意味を込めて…、甘い咳止め用のシロップが俺は大好きで、シロップって言葉が頭の中で快楽的なものと直結して」といった理由で五十嵐が名づける。16gは、バンド名を検討していたミスタードーナツでのコーヒーのシロップの量が16gだった事に由来する。

こうは語っているものの、デビュー盤とは思えない完成度、古臭さを感じさせない曲のクオリティは五十嵐隆の才能ではないだろうか。

COPY

f:id:hakoniwa_rock_show:20161002072351j:plain

 2001年発売。今でもファンの中で高い支持を受けているアルバムである。

  1. She was beautiful
  2. 無効の日
  3. 生活
  4. 君待ち
  5. デイパス
  6. 負け犬
  7. (I can't) Change the world
  8. Drawn the light
  9. パッチワーク
  10. 土曜日

www.youtube.com

syrup16gを代表する一曲とも過言ではない「生活」 毎度ライブで五十嵐のギターソロがもっとも注目される曲でもある。

生活はできそう? それはまだ 計画を立てよう それも無駄

自分自身に問いかけるような歌詞が五十嵐の書く歌詞の特徴ともいえる。 この歌詞にハッとさせられるリスナーも多いのではないだろうか。 故に、五十嵐が支持される理由は「ハッとさせられる歌詞」にあるのではないだろうか。 人間のダメな部分、弱い部分に対して、五十嵐隆という人間のリアルを投影し 書き上げられた曲達は、今でも多くのリスナーに支持されているのだ。

筆者お気に入りの一曲「デイパス」

www.youtube.com

君は死んだほうがいい 外の世界はどんな風? 後悔や四季やあと流星のきらめく世界

君は死んだほうがいい。そんなことを云うミュージシャンがこの世にいただろうか。 これは誰に向けて歌われているのだろうか。 無論、五十嵐自身なんだろうけど、リスナーの立場からすると、リスナー自身に歌われているように思える。 君は死んだほうがいいという言葉に、「あぁ」と溜息が出る人は、きっとsyrupが好きになれる人だと思う。 ライブで演奏されることがめっきりなくなった「土曜日」

www.youtube.com

土曜日なんて来るわけない

悲壮感がある歌詞の中に漂うキレイなメロディ メロディーメーカーとしての五十嵐隆の才能があふれる一曲だと思う。 特にサビのあたりの展開は必聴。

coup d'Etat

f:id:hakoniwa_rock_show:20161002072407j:plain

2002年発売。一応メジャーデビュー第一弾アルバム。 激しめの曲が多い。躁状態五十嵐隆という言葉が似合う。

  1. My Love’s Sold
  2. 神のカルマ
  3. 生きたいよ
  4. 手首
  5. 遊体離脱
  6. virgin suicide
  7. 天才
  8. ソドシラソ
  9. バリで死す
  10. ハピネス
  11. coup d'Etat
  12. 空をなくす
  13. 汚れたいだけ

www.youtube.com

本作のキラーチューン「天才」 誰しもが一度は自分を天才だと感じた時があっただろう。 でもそんな時間は長くは続かず、いつの間にか落ちこぼれている自分に気がつく。 周りにもてはやされて、自分に自信があった頃はどこへ行ったのか。 どこで道を間違えたのか。 そういった悲しみと、どうしようもない憤りがつまった一曲だと感じる。 サビは「チェインソー冴えまくる刃」と書かれているが 「青春さえ僕にあれば」に聞こえるのは、五十嵐マジックの一つだ。

www.youtube.com

くだらないこと言ってないで 早く働けよ 無駄に良いもんばかり 食わされて 腹出てるぜ

お前一体俺の人生のどこに監視カメラつけてるんだとツッコミしたくなるぐらいの歌詞である。 こういった「あるある~わかるわかる」感があるのも五十嵐の書く歌詞の魅力の一つだ。

一生懸命生きている私にどんな罪があるんですか いっぱいあるさ 死ぬほどあるさ ていうかお前はなんでそこにいる そんなんね 言われたって 手首切る気になれないなぁ もうだって両手は とっくに血まみれのままさ

グッと来るね。書いててもグッとくる。手首切る気になれないのですよ。そんなこと言われたってさ。

www.youtube.com

筆者人生のテーマソングに掲げる一曲「汚れたいだけ」 歌詞全部がもうたまらん。たまらなく人間臭い。そこがいい。 この曲はわずか3つのコードで構成されている。 簡単な曲構成で、異常なまでに中毒性のあるメロディを作る天才五十嵐隆

友好的なのは 心の奥に本当のことを隠すから 小学5年から人生舐め腐ってんだ 汚れたいだけ

syrup16gで一番好きな歌詞だと思う。

delayed

f:id:hakoniwa_rock_show:20161001093455j:plain

 2002年発売。coup d'Etatからわずか3ヶ月後のハイペース。 2002年6月にベース佐藤元章が脱退をする。 後に五十嵐は佐藤の脱退が自分にとっての音楽活動のモチベーションの終わりにつながっていたとも語っている。

佐藤の代わりにサポートメンバーとして加入したのが「キタダマキ」だ。 この男の存在がまたsyrup16gというバンドを新しく、素晴らしいバンドに変えていくのであった。 coup d'Etatと打って変わって、静かめで落ち着いた曲が多い。 シンセサウンドが使われているのも特徴的。鬱状態五十嵐隆

  1. センチメンタル
  2. Everything is wonderful
  3. Reborn
  4. 水色の風
  5. Anything for today
  6. サイケデリック後遺症
  7. キミのかほり
  8. Are you hollow?
  9. 落堕
  10. 愛と理非道
  11. Untitled(Rebornのアコースティック版。キーが下がり、コードが微妙に違う。)

www.youtube.com

クソダサPVとなってしまったがsyrup16gの代表曲「Reborn」 多くのアーティストにカバーされている。

昨日より今日が素晴らしい日なんて わかってる そんなこと当たり前の事さ
時間は流れて僕らは歳をとり 汚れて傷ついて生まれ変わっていくのさ
愛する心がどんな色であっても 優しい気持ちだけで夜は明けてゆくよ つじつま合わせるだけで精一杯の ぶさいくな毎日をぼくらは生きていくのさ
手を取り合って肌よせあって ただなんかいいなって空気があって 一度にそんな幸せなんか手に入るなんて思ってない 遠回りしていこう
期待してあきらめてそれでも臆病で ほんとの気持ちだけが置き去りになっていくよ

歌詞全貼りしちゃうぐらいに名曲であり、ファンにとっても忘れるこのとできない一曲。 syrup16gというバンドにピリオドをうち、また始まりともなった曲なのだ。(後述)

www.youtube.com

BUMPファンの皆様お待たせいたしました。「水色の風」でございます。 実はsyrup16gBUMP OF CHICKENとツアーを回る程度の仲であり、 五十嵐隆がコーラスに是非と藤原基央にオファーをして実現した楽曲なのだ。 BUMPファンでsyrup好きになった人は大抵この曲からという人が多い。 筆者おすすめの一曲はAre you hollow?

www.youtube.com

コーラスがかかったギターがこの頃のsyrupの特徴ともいえる。 ビバSmall Cloneである。

それでも 傷つくのは そう 言われて 気づくようなこと なぜ消えない

 

www.youtube.com

最高に堕落した落堕。マジかっけぇ。

 

前編は一旦ここで終了。いかがだろうか。初期syrupは非常にハイペースで活動を行っていた。 音楽のモチベーションも非常に高かったといえる。 これから、五十嵐のモチベーションがどんどん下がっていくので、中編以降を楽しみ(?)にしていただきたい。

meill.hatenablog.com

Copyright 2015 MEiLL