MeILL

瀧と三葉の幸せを祈るブログ

syrup16gとは何だ【後編】 生還~darc

どうも、僕です。 いよいよ書くのも疲れてきましたが(書いた当時は)、後編でございます。今の情報も付け加えて書きますね。

この辺から僕がリアルタイムにsyrup16gというバンドに関わる時期になってまいります。 思い入れ深い時期を過ごしました。いってみましょう。

それぞれの活動

五十嵐隆:2008年秋に「犬が吠える」を結成。ライブ活動や楽曲制作を行い、なんとMUSICAの表紙を飾る。

キタダマキ:引き続きサポートミュージシャンとして様々なアーティストの活動を支える。

中畑大樹アヒトイナザワ率いるvola & the oriental machineにドラムとして加入する他、サポートミュージシャンとして様々なアーティストの活動を支える。

肝心の五十嵐であるが、犬が吠えるというバンドで活動を再開し、CDJ08/09に出演するなど、以前のような積極的な活動を見せ、ファンを安心させていた。

09年にはMUSICA表紙を飾り、アルバムのレコーディング風景を見せるなど、ファンをますます安心させていた。 と。思われた矢先のことである。

2009年4月18日 唐突の解散宣言。

f:id:hakoniwa_rock_show:20161002223226j:plain

それ以降五十嵐は消息を絶つのであった。 解散理由については、syrup16g再結成後に各紙インタビューで語っていたが、主に精神面的に耐えられなかったそうだ。 制作環境やバンド活動、自分のプロジェクトであるのに、周りの動きが活発でキツかったと語っている。

生還

2013年3月、これまた突然に五十嵐隆復活のニュースが流れる。

多くのsyrupファンが「またまた」「ダマされないぞ!」となったが、 これが本当に起こってしまったのだ。 「生還」と名付けられたそのライブ名に多くのファンは安堵とともに期待を重ねた。

2013年5月8日、NHKホールにて「生還」と題されたワンマンライブを実施する。 当日の演奏まで、誰が演奏をサポートするの発表されていなかったが、 Ba.キタダマキ Dr.中畑大樹 とまぎれもなくそこにはsyrup16gがいたのだった。ファンの絶叫や雄叫びや轟音のようなわめき声、泣き声の中、 多くのsyrup16gの楽曲や五十嵐隆の新曲が演奏された。

www.youtube.com

Rebornで終わったsyrupがRebornで始まるっていうね。 コレもぜひ買って欲しいです。特にラストの翌日(中畑の家にチャリンコで聴かせに行ってたver)が たまらなく泣けます。

私は運良く参加できまして、当時の書きなぐったお恥ずかしい文章ですがレポートがブログございます。 後編から読んでもらえればいいと思います。

Re:blog — 2013/5/8 五十嵐隆 生還 NHKホール(前編)

Re:blog — 2013/5/8 五十嵐隆 生還 NHKホール(中編)

Re:blog — 2013/5/8 五十嵐隆 生還 NHKホール(後編)

ファンの皆様は「親類一同」でクソ笑ったのではないでしょうか。

その後五十嵐は、弾き語りで夏フェス「UKFC on the Road 2013」に参戦。 COPYの楽曲を中心とした弾き語り内容に多くのsyrupファンが詰めかけた。 後に語っているが、このライブがsyrup再結成を決意させたキッカケになったという。 (五十嵐曰く「独りじゃ何にもできないってわかった」とのこと)

再結成

「生還」後、また消息を絶った五十嵐。 「まぁいつものことだよね」と諦めるファンが多く見られた。

がしかし。 2014年6月27日17時00分、突然にsyrup16gの再結成を発表。

8月27日に8年ぶりとなるオリジナルアルバム『Hurt』を発売。 及びリリース記念ツアー『再発』を開催がニュースで流れる。

「いやデマだろ」と思ったらマジだったので筆者もめちゃくちゃ焦りましたが、 syrupクラスタの人たちもめちゃくちゃ焦ってました。 嬉しいけど動揺っぷりを見せる人が多かったと思います。 そんなこんなで8年ぶりに発表されたアルバム「Hurt」

 

f:id:hakoniwa_rock_show:20161002225026j:plain

  1. Share the light
  2. イカれた HOLIDAYS
  3. Stop brain
  4. ゆびきりをしたのは
  5. (You will) never dance tonight
  6. 哀しき Shoegaze
  7. メビウスゲート
  8. 生きているよりマシさ
  9. 理想的なスピードで
  10. 宇宙遊泳
  11. 旅立ちの歌

多くの音楽関係者や、ファンが待望したsyrupの新作。 ブランクを感じさせない楽曲陣は、五十嵐隆の才能は枯れていないことを示した。

生還の新曲が入ると予想していたファンからは「えっ、全部描き下ろし!?」と 驚きの声も見られた。

www.youtube.com

リードトラック「生きているよりマシさ」

いきなりこんなタイトルかよっていうか五十嵐!お前髪型どうしたおい! 五十嵐といえばこれまで、ボサボサのパーマヘアーの印象があったが まさかの縮毛矯正さらさらヘアーで再登場。 多くのファンが「その髪型は・・・」と曲より髪型にツッコむこととなったPVである。 PVの4分あたりで、

上向く予兆もなく日が落ちて 今夜もまた飲み疲れて眠っちまうだけ

と歌いつつも、五十嵐がギターを手にとって三人集合するあたりは涙なしでは見れない。 あとは髪型さえ・・・髪型が・・・ああ・・・髪型・・・いいけど・・・。

リリースツアー「再発」

東名阪ツアーとなった再発。 私は東京国際フォーラムのライブに参加しました。 とにかくこのバンド6年間もライブやってなかったの?ってぐらいに ブランクを感じさせないライブ内容だったと思います。 特に中畑たいこのドラム。ものすごい進化。 ニセモノが別の曲に聞こえました。 映像化が待ち望まれます。はよしてください!お願いします!→映像化されました!

f:id:hakoniwa_rock_show:20161002225159j:plain

Kranke

またまた音沙汰なくなったsyrup16gであるが、2015年の春にkrankeを発表。リリースツアー「Kranke」も開催。Krankeはドイツ語で「患者」という意味で、いやついにソレかよ!というワードチョイスである。

f:id:hakoniwa_rock_show:20161002225611j:plain

  1. 冷たい掌
  2.  vampire's store
  3.  songline(Interlude)
  4.  Thank you
  5.  To be honor

正直このミニアルバム、自分は微妙だったんですがライブ化けしました。To be honorとても良かった。

f:id:hakoniwa_rock_show:20161002225756j:plain

こんなTシャツ作っちゃうし!!!渋谷が大変なことになりましたよ。

ちょっと疲れたのでその後のレポートをいくつか掲載しておきます。

meill.hatenablog.com

meill.hatenablog.com

meill.hatenablog.com

これからのsyrup16g

40代に突入し、再結成として再び歩みだしたsyrup16g

次はdarcというアルバムとHAIKAIというツアータイトルだ。

もはやギャグでしかない。五十嵐どうしたんだ本当に・・・。

そして僕たちは「徘徊」と書かれたTシャツをどうせ着るんだろうな。着るよな。

f:id:hakoniwa_rock_show:20161002230003j:plain

  1. Cassis soda & Honeymoon
  2. Deathparade
  3. I'll be there
  4. Father's Day
  5. Find the answer
  6. Missing
  7. Murder you know
  8. Rookie Yankee

そんな無理矢理タイトル英語にしなくても・・・ってぐらい英語です。

光とか赤いカラスはどこに行っちまったんだよ!!!

とにかくQueで先行ライブがあるから戦争じゃ!!!

みなさん2016年末はsyrup16gを十分に堪能しましょう!

Copyright 2015 MEiLL